斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

不祝儀袋
不祝儀袋には祝儀袋と違い、「のし」(紙を畳んで作った小さな飾り)がついていません。
また、祝儀袋の場合は、水引きが紅白で蝶結びになっていたり、結婚祝い用のものは結び切りになっていたりしますが、不祝儀袋の場合は、偶数本の水引きを結び切りにします。
水引きを結び切りにするのは、結び切りは固く結んでありほどくのが難しいため、人生で一度きりのお祝いや、一度きりのお悔やみごとの際に使われます。
結び目が装飾のようになっている「あわじ結び」も結び切りの一種です。

市販のものでは、略式の封筒になっているタイプ(水引きが袋に印刷されているもの)と、包みになっているタイプがあります。
包みになっているタイプのものは、正式な包み方があります。
包みを裏返しにした時に、上下を折り返すように包んでありますが、弔事の際は袋の下側を先に閉じ、上側のものを後から閉じます。
お祝い事の際にはその逆の包み方をします。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。