斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

お香典の包み方のマナー
お香典の包み方にもマナーがあります。
お香典は故人に対する供養の気持ちとして、現金をお花やお線香の代わりとして包んで持参するものです。
不祝儀用ののし袋というものがあるので、それにお香典を包みます。不祝儀用ののし袋はコンビニなどでも売られています。

まずはお香典に包む金額ですが、間柄によって相場があります。
血縁関係や親しさによって金額が変わると考えてよいです。

お香典を包むときのマナーとして気をつけることがいくつかあります。
故人を悼む気持ちが強くても金額を極端に多く包まないようにしましょう。
血縁関係のない間柄であれば1万円を越すことはありません。
また、新札を包むことも失礼に当たるので気をつけましょう。
服装のことで前述しましたが、「急な知らせに慌てて駆けつける」という意味合いがあるため、新しい綺麗なお札を用意することや、多すぎる金額を用意することは「不幸を予想していた」「用意してあった」という意味で失礼になってしまいます。

また、お札の数や合計金額が「4」「9」にならないよう配慮し、忌み数字を避けましょう。
それぞれ「死」「苦」を連想させるためです。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。