斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

弔電(ちょうでん)
故人と親しいお付き合いがあった場合で、お通夜やご葬儀に参列できない場合は、訃報を知った時点でお悔やみのお手紙を書く、お香典を送る、などの他に弔電を打つ場合もあります。

弔電(ちょうでん)とは、事情があってお通夜やご葬儀に参列できない場合に打つ電報のことです。

喪主の方や親族の方に弔意をお伝えする意味合いがあります。
お悔やみの手紙と違い、こちらはご葬儀に間に合うように打つのがよいでしょう。
弔電は、式の途中に弔電披露として、ご葬儀の司会者の方が読み上げることがあります。
もちろん全てではありません。弔電を読み上げるのは長さによりますが2~3通、そのあとに弔電を送った方の名前を読み上げる、というのが一般的です。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。