斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

お香典
お香典はお通夜かご葬儀のどちらかに持参します。お通夜、ご葬儀の両方に出席するときはお通夜に持参することのほうが多いようです。
どちらにも参列できない場合は、不祝儀袋に包んで、現金書留の封筒に入れて、お悔やみの手紙を添えて郵送しましょう。

お悔やみの手紙は、白無地の便箋に、黒もしくは藍色のペンか毛筆で記入します。
お悔やみの手紙には手紙文などで用いる季節のご挨拶や、「拝啓~」「謹啓~」、「敬具」などの用語は不要です。
故人を悼む言葉、お悔やみの言葉、参列できないことへのお詫び、その後にお香典を送付することについて、最後にご冥福を祈ることを添えてしたためます。最後にご遺族の方をいたわる言葉を添えてもよいでしょう。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。