斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

供物を持参するとき
供物を持参するとき

亡くなった方の霊を慰め、故人への感謝・または遺族の方への弔意として贈るものです。
これを、品物のことを「供物」、お花を「供花」といいます。
故人へ向けてのものなので、遺族もこれを贈る側として考えられます。

葬儀を依頼したところが用意するものの他に、持参した供物や供花は祭壇のまわりに飾られます。
これはその方の宗教や、地域によってしきたりが変わってきます。
事前に確認しましょう。

供物・供花は故人と親しい間柄だった場合、または故人の所属する学校・会社などの団体から贈る場合が多いです。
近年では、飾る場所の問題や処分のことなどで、ご遺族のほうで供物・供花を辞退する場合もあるので、そちらも事前に確認するとよいでしょう。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。