斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

お悔やみの言葉を選ぶ際のマナー
お悔やみの言葉を選ぶ際のマナー

一般的なお悔やみは
「このたびは、まことにご愁傷様でございます。」
「心よりお悔やみ申し上げます。」
「残念でなりません。」
などの言葉を選びます。
お悔やみの言葉は故人を悼み、ご遺族をいたわる言葉なので、故人と親しかった場合でも、自分が感情的になり言葉が多くなることは避け、ありきたりな言葉であったほうがよいです。

急な不幸であった場合は
「突然のことで、信じられない思いです。」
「思いがけないことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません。」
長患いの場合は
「お見舞いにおうかがいした時は、あんなにお元気でいらっしゃったのに残念です。」
「皆様のご看病の甲斐なく、本当に残念なことです。」
などの言い方をします。

うまく言葉が見つからない場合は、無理をせずに「このたびは、まことにご愁傷様でございます。」のみにとどめてしまったほうがよいです。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。