斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識

お悔やみの言葉を選ぶ際のマナー
お悔やみの言葉を選ぶ際のマナー

お悔やみの言葉を選ぶ際のマナーとして、「生きる」「生存」「死ぬ」「死亡」などの、死に対する直接的なイメージを持たせる表現は慎みましょう。
亡くなられたことは「ご不幸」「ご逝去」、以前のことは「お元気な頃に〜」「ご生前に〜」などと言い換えるようにします。

「また」や「次に」などの「続く」「繰り返す」を意味する言葉や、「さまざま」「重ね重ね」「ますます」などの、同じ言葉を繰り返すことも使わないよう気をつけましょう。
これは、不幸が続く・繰り返すというイメージを持つためです。

ご遺族をいたわる言葉も、「頑張って〜」という声かけは負担になるので遠慮しましょう。
「お力を落とさず」などの言葉を選ぶとよいです。

うっかり忌み言葉を使ってしまわないよう、お悔やみの言葉を考えてくること、また長話をしないようにするとよいでしょう。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。