斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識13

お葬式での服装について2
お葬式での服装について2

仮通夜では「地味な服装」であればよしとされておりますが、本通夜では礼服にするのがよいとされています。

本来は仮通夜と同じく、不幸を予期していたようになるため礼服は不謹慎とされていましたが、
最近ではお通夜=お葬式に参列できない人が参加するもの、という風に変わってきたため、礼服が一般的になってきたようです。

男性は黒のスーツに黒ネクタイ、女性は黒もしくはそれに近い色のスーツか黒のワンピースがよいです。
光沢のあるもの、余計な装飾のあるものは避けてください。
ブラックフォーマルではネックレスはパールの一連のものが許されています。また、パールを身につけないと失礼に当たることはありません。

また、突然の訃報で駆けつける場合などは仮通夜と同じく地味な服装やスーツなどでよいです。
黒のネクタイだけ用意するようにしましょう。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。