東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

谷塚斎場一日葬の口コミと黄檗宗の葬儀

■2022/01/05 谷塚斎場一日葬の口コミと黄檗宗の葬儀

谷塚斎場の葬儀式での口コミとしまして

「迅速丁寧な対応で満足しました。
 安心しておまかせできました。」

このようなご感想を頂きました。
ありがとうございます。

谷塚斎場一日葬の詳細はこちらから

今回は黄檗宗の葬儀についてお伝えします。

黄檗宗(おうばくしゅう)は、
その始まりはかなり古く631年に
正幹が六祖彗能禅師の思想を継いで
般若堂を開いたというのが
始まりとだといわれています。

その後、浮き沈みを繰り返していたのですが、

1661年に徳川四代将軍家綱より
京都宇治に寺領を賜った中国の
黄檗山万福寺の住職だった隠元が、
同じ山号の黄檗山万福寺を創設して、
念仏禅を特徴とした黄檗宗を開宗しました。

隠元はもともと中国臨済宗であったことから、
教義には臨済宗の教えも色濃く入っています。

往生浄土や念仏といった浄土教教義です。

特に座禅による心身の統一というものが
大切だとといています。

臨済宗・曹洞宗とともに禅宗である黄檗宗は、
臨済宗の分派として位置づけられていたこともありました。

結局臨済宗に合併されますが、
明治9年に復活して独立した宗派となったようです。

隠元以降の住職も殆どが中国の僧侶であったということで、

儀式や作法に関しては
中国式の伝統が受け継がれているようです。

黄檗宗の法要でもそれは現れていて、
現在の中国でも見ることがないような
儀式なども伝承されているようです。

黄檗宗の葬儀の特徴としては、
在家の葬儀に関しては一般的にた定着している
儀礼を重視して行なうようになっているということです。

禅宗の葬儀とは、元々は僧侶のために
行なわれていたものですが、
民間の風習を取り入れてご遺族が
安心できるような儀式になっているようです。

黄檗宗の葬儀などの儀式は
中国で行なわれていたものが
継承されているといいましたが、
それはお経などにも現れています。

唐音と呼ばれる中国語を基本としている
読み方をするのが特徴的です。

聞き覚えのあるお経であっても、
まったく違うものに聞こえることもあるでしょう。

また、「梵唄(ぼんばい)」
という歌のようなお経も特徴的なものです。

4拍子を基本としたお経で、
聞くことがあれば、今までのお経の
イメージをかえるようなものになると思います。

リズムを刻みながらお経を読んでいくということです。

さらに、鐘や太鼓などの鳴り物と合わせることで
さらに音楽的なお経となるようです。

黄檗宗の葬儀について以上になります。

ここまでお読みいただきありがとうございます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
谷塚斎場葬儀式
https://yatsuka-saijo.tokyosougishiki.com/
谷塚斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。