東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

曹洞宗一日葬と谷塚斎場口コミ

■2021/12/21 曹洞宗一日葬と谷塚斎場口コミ
谷塚斎場でのお葬式に際しまして
ご感想をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

祭壇がとても素晴らしく、
焼香に来られた方にも
満足な対応ができたと思っています。

何もわからない私たちに対して、
とても親切な対応をしてくださり、
何度も何度も打ち合わせに
応じていただきまして
ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ご感想ありがとうございます。

谷塚斎場の葬儀式の詳細はこちら

今回は曹洞宗についてお伝えします。

道元を宗旨の開創者、
螢山宗団の開創者としているのが
曹洞宗(そうとうしゅう)です。

禅宗の一派として始まったのですが、
大衆にひろく禅を広めていきました。

禅宗の葬儀は今の仏式葬儀の
元となったとも言われているもので、

曹洞宗の葬儀もその一端を
担っているともいえるでしょう。

死者にお経を読んで
仏の悟りを得させるという「授戒」。

そして、戒名を預けて
「引導」を渡して成仏させる。

この禅宗の儀式は
今のお葬式の基本になっています。


曹洞宗の葬儀ではこの「授戒」と
「引導」が中心となるのです。

授戒とは、
戒を受けて仏の弟子となることですが、
本来は生きているうちに受けるものです。

これを生前授戒といいますが、
今では葬儀のときに受けるものである
というようなことが習慣となっています。

もちろん、生前に受けることも出来ます。

その場合は葬儀では授戒はなくなります。

授戒を受ける場合の葬儀では、
生前の儀式と同じように進めらけます。

曹洞宗の葬儀は次のような流れで進行します。

1.「剃髪(ていはつ)」
2.「酒水(しゃすい)」
3.「授戒(じゅかい)」「懺悔(さんげ)」「三帰戒(さんきかい)」「三聚浄戒(さんじゅじょうかい)」「十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)」「血脈授与(けちみゃくじゅよ)」
4.「入棺諷経(にゅうかんふぎん)」
5.「龕前念誦(がんぜんねんじゅ)」
6.「拳龕念誦(こがんねんじゅ)」
7.「引導法語(いんどうほうご)」
8.「山頭念誦(さんとうねんじゅ)」

葬儀の後には告別式が行なわれるのが一般的です。

その場合は、引導法語につづいて
告別式という流れになります。

お焼香は良く知っているものと同じです。

親指・人差し指・中指でつまんで
額に戴き香炉に落とします。

これを二回行ないます。

二回目ははじめに行なう主香を補う
従香というものであるので、
つまんで香炉に落として焚けば良いようです。

ただし、三宝供養の場合は三回焼香をします。

ここまでお読みいただき
ありがとうございます。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
谷塚斎場一日葬
https://yatsuka-saijo.tokyosougishiki.com/
谷塚斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。