東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

コロナ禍の堀ノ内斎場葬儀ご感想と葬祭費(労災)

■2021/11/22 コロナ禍の堀ノ内斎場葬儀ご感想と葬祭費(労災)

堀ノ内斎場での一日葬を終えて
ご感想をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーー

コロナ禍でも感染の心配もなく
ファイナルプロデュースの皆さんが
落ち着いた対応で安心できました。

このような大変な時期でもありますが
何もわからないで迎えた葬儀に
親身に接していただいて心から感謝しています。

亡き父も親戚もそして会社関係の方々も
良い葬儀で喜んでいると思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

ご感想ありがとうございます。

感染対策の堀ノ内斎場一日葬はこちら


今回は会社にご勤務されている方の葬儀。
葬儀後のことをお伝えしていきます。


国民健康保険の葬祭費、健康保険の埋葬料など、
葬儀の費用が健康保険から支給されるという
制度については知られていると思います。

でも、労災保険(労働災害補償保険)
によって支給される葬祭料については
ご存じない方もいるかもしれませんね。

(労災保険で支給される場合でも、
通勤災害の場合は葬祭給付
という事になるようです)

業務上の怪我や事故などに対して
労災によって補償されるということは
知られていると思いますが、

亡くなられた場合には
健康保険からの支給ではなく
労災保険からの支給になるのです。

支給対象はご遺族ということではなく、
葬儀を行なった人という事になるようです。


葬祭料は、315,000円に
給付基礎日額の30日分が
加算された額という事になります。

ただし、給付基礎日額の
60日分の支給は補償されている
ということですから

最低でも給付基礎日額の60日分が
支給されるということになります。

葬祭料という名目ではありますが、
ご請求される時には葬儀費用の証明書など
特に必要としません。

葬儀にかかった費用に関係なく
支給額は決まっています。

ご請求で必要なものとしては、
死亡診断書・除籍謄本・印鑑となります。

ご請求の方法としては、請求先にある
葬祭料請求書または葬祭料給付請求書を
勤務先の管轄労働基準監督署に提出します。

他の手続き同様で期限がありますから
注意しなくてはいけません。

その期限は葬儀を行なってから
2年以内ということになっています。

労災保険からは他にも、
遺族補償年金や遺族補償一時金などの
遺族補償給付の制度がありますので、

労災に該当するような場合は、
勤務先に問い合わせるようにしてください。

あまり詳しく知っているような人も
少ないと思います。

いろいろと給付される制度もあるようですから、
確認をすると良いでしょう。

勤務先でやってくれる事もあるかもしれませんが、
基本的には自分で把握しておく
必要があるのではないかと思います。

それではここまでお読みいただき
ありがとうございます。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
堀ノ内斎場葬儀式
https://horinouchi-saijo.tokyosougishiki.com/
堀ノ内斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。