東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

神式のお葬式の簡単な流れと日華斎場葬儀のご感想

■2021/08/25 神式のお葬式の簡単な流れと日華斎場葬儀のご感想

日華多磨斎場のご感想を頂きましたので
ご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

流石、一級ディレクターだと感嘆致しました。
お花も色合いが良く整っていたと思います。

大体予算どおりでしたのでよかったと思います。
式全体としてはとても暖かないい式になったと思い、
感謝しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご感想ありがとうございます。


今回は、日華斎場などでの
神式葬儀での簡単な流れを書いていきますので
ご参考いただけましたら幸いです。

お葬式ということで言えば、
神式葬儀も仏式葬儀もそんなに違いはない
と思っても良いでしょうから、
あわてることはないと思います。

基本的な流れは
仏式葬儀と変わらないようになっています。

しかし、仏式のお葬式でも
どのようなお葬式でも言えますことは、
まったく同じということはないものなのです。

お葬式自体のすべてが一期一会での
特別なものなのですから、故人様のことを想い偲び
あわてずに対処していくといいと思います。

ただ、神道では言葉使いが
特別なものがあったりもしますので、
そのあたりは気を付けなくてはいけないかもしれません。

ここから、神式葬儀の流れについて簡単に説明します。

亡くなられて遺体の処置がが終わると
自宅か保管場所にご遺体を移します。

葬儀社を決めて葬儀の打ち合わせをします。

会葬人数・日程・などについて
話し合って予算を立てます。

神職に葬儀の依頼をします。

神式の葬儀では、
故人の生前の事を神職に話しておきます。

(仏式の葬儀とは違って成仏を願う
お経というものがありません。
代わって、祭詞というもので
故人を偲ぶわけです。)

枕直しの儀などを経て納棺します。

棺の中に一緒に入れるものを用意します。

その後、仏式でのお通夜にあたる通夜祭
死者の魂を霊爾(れいじ)に移す遷霊祭を行ないます。

そして、仏式の葬儀と同様の流れで
通夜ぶるまいが行われます。

葬儀・告別式に当たるものが葬場祭です。

故人が祖先の霊とともにご遺族の守護神となるように
お祈りをするわけです。

その後は出棺、火葬と仏式の葬儀とは
変わりのない流れで葬儀は進みます。

流れだけを見れば、基本的には
仏式でのお葬式と同じと考えても問題はないので
ご安心いただけたらと思います。

それでは、ここまでのご拝読ありがとうございます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
多磨日華斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/7.html
多磨日華斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。