斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

四ツ木斎場での神式葬儀と神道のお葬式

■2021/06/24 四ツ木斎場での神式葬儀と神道のお葬式




夏至も過ぎて本格的に暑い季節になります。

夏バテしないように
水分補給はしっかりしていこうと思います。

先日、四ツ木斎場で神式葬儀がありました。

お客様より暑さも吹き飛ぶような
嬉しいご感想を頂いたのでご紹介いたします。

「親身に教えていただき(担当様)
本当にありがたかったです。

全くわからない中で、
いろいろご相談にのっていただき
感謝しています。」

ご感想ありがとうございます。

神道のご葬儀は、ご葬家の方にも
分からないことがあるようなので、
神道と神式葬儀についてお伝えします。

そもそも神道とは、日本で生まれた
最古の宗教といってもいいと思います。

『古事記』や『日本書紀』に
触れられているといいますから、
歴史的には仏教が伝来するよりも
はるか昔から日本に根付いているものです。

もともとは民俗信仰や
自然信仰から始まったものですから、
地域によって様々なものであった
といってもいいと思います。

教祖だとか経典というものがないのも
そういった理由からだと思います。

ですから、神教とは言わずに
神道と呼ぶわけです。

神道では、人を含めてすべてのものが
繰り返されるという考え方です。

人生も繰り返される輪廻転生の
世界だと考えられています。

人が亡くなっても、
仏教のように成仏して現世とは
隔絶した世界への存在となる
ということではなく、

霊魂はその場に留まり
子孫を見守る祖霊となると
考えられているのです。

神式葬儀というものは、
そのための儀式でもあるわけです。

仏式の葬儀での
故人の霊が迷わないように
とお祈りするのに対して、

神式葬儀では、
故人の生前に行なってきたことを讃えたり、
偲んだりするわけです。

そして、神となった霊魂を
お祀りするというものです。

日本人はいろいろな宗教に対して
受け入れるという性質かあります。

もちろん、熱心な信者の方もいるのですが、
多くは特別ではないけれど受け入れる
といったかたちではないかと思います。

無宗教だといいながら、
いろいろな宗教の神様を
受け入れているわけです。

それは、根本的に神道の考え方である
『八百万の神』という考え方が
日本人の中にあるからなのだと思います。

キリストもお釈迦様もすべて
神様ということなのでしょう。

ということもあって神式葬儀も
他の宗教の影響を受けないと
いうものでもないわけです。

特に、日本で最も多い仏式葬儀の影響は
大きく受けているといえます。

神式の葬儀も仏式での葬儀や
他の宗教での葬儀でも同様に
知っておくべきことがございます。


お葬式をするときにご葬家として
知っておくべきことというのは、

言い換えるとご葬家として
知りたいことでもあるわけです。

そう考えると、
何を知っておくべきか
ということが分かりやすいかもしれません。

一般的に知りたいということは、
葬儀の手順ということになります。

特になじみのない神式の葬儀となれば、
その手順というものは気になるところだと思います。

そして、ご葬家としては知っておかなくてはいけないことでもあるわけです。

また、何を準備する必要があるのか
葬儀費用なども知っておいたほうが良いと思います。


それから、神道では死を穢れたものとして
とらえているということもあって、
忌明けまでの間神棚を封じなくてはいけません。

また、氏神である神社へのご報告と
葬儀の依頼をしなくてはいけませんが、

神式葬儀では、仏式の葬儀での僧侶にあたる
斎主や神官に葬儀をお願いします。

僧侶に対するお布施にあたる謝礼についても
知っておいたほうが慌てなくてすみます。

葬場祭の謝礼として渡す場合、
御祭祀料・御祈祷料・御神饌料・御礼といった
表書きを使います。

お車代に関しては、
御膳料・御車料を使うようにしてください。

通夜祭では、御車料です。

他に謝礼として渡すときには
それぞれ違う表書きをしなくてはいけないので
ご注意が必要です。

それでは、長くなりましたが
お読みいただきありがとうございます。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
四ツ木斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/2.html
四ツ木斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。