東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

多磨日華斎場葬儀式ご感想とご火葬式メリットデメリット

■2021/06/09 多磨日華斎場葬儀式ご感想とご火葬式メリットデメリット
熱中症に注意する季節になってきました
東京でも夏日で日中は暑いですね。


このような暑い時期ではございますが
多磨日華斎場葬儀でのご感想をいただきました。

「きちんと対応して下さり、故人も満足だったことでしょう。」

「自分の時はもっと安い一式で良いので。
もっと質素なプランも組み入れて頂くと嬉しいです。」

ありがとうございます。

暑さも吹き飛ぶように元気になりました。

ご要望もあございましたので、今回は
ご火葬式についてお伝えしたいと思います。


お葬式といえば誰も一般的な仏式での
ご葬儀をイメージされることが多いと思います。

お通夜があって葬儀・告別式というスタイルは、
広く浸透している仏式の葬儀以外でも
儀式として同様のものが行なわれる場合が
多いと思います。

でも、それらの儀式的なことを
殆ど行なわない場合があります。

亡くなられてそのまま火葬場に行って
荼毘にふすという場合です。

火葬のみで故人をお送りするというものです。
それを火葬式(直葬)と呼んでいます。

亡くなられて直接火葬にするということから
その名で呼ばれているわけですが、

もちろん法的な問題がありますから、
時間的にはなくなられてすぐ
というわけには行きません。

死亡診断書に記載された時間から
24時間は火葬にすることは出来ないのです。

他にも死亡届を提出して
火葬許可証・埋葬許可証を
受け取らなくてはいけません。

さらに、いつでも行けばご火葬を
してくれるというわけではありませんので、
火葬場の状況次第で、すぐに火葬が出来るか
どうかは変わってくるのです。

ですから、直葬という言葉の『直』とは、
「すぐ」ではなく「直接」という事になります。


火葬だけのお葬式である火葬式ですが、
直葬とも言われているように亡くなられてから
一切の儀式を行なわないで
ただ火葬だけを行なうことになるわけです。

火葬式を選ぶ理由は
もちろんメリットがあるからだといえます。

その大きなメリットとしては、
火葬のみということであれば
一般のお葬式と比べてかなり安く済むわけです。

お葬式に費用を掛けたくない、
あるいはかけられないというような場合に
火葬式が選ばれることになるのだと思います。

費用だけが火葬式のメリットというわけではありません。

やはり、お葬式をあげるということになると
色々と気を使うことも多いでしょう。

特に弔問客との対応に
心身ともに疲れるという人も多いと思います。

それが火葬式であれば殆どなくなるわけです。

これは一般のお葬式に対して
懐疑的な人には選択したくなるものだと思います。

また、時間的な問題もあると思います。

火葬式は火葬のみですから時間もかかりません。
忙しくて時間がないというような場合に
選択されることになるのではないでしょうか。

これらは火葬式を選択する理由でもあり
メリットでもあると思います。

でも、火葬式を選択する場合は、
デメリットのことも考えてから検討することを
おすすめします。

では、火葬式にした場合に
どんなデメリットがあるのでしょうか。

故人とのお別れが十分に出来ない
ということが上げられます。

そのときは気にならなくても、
後悔する事があるかもしれないということは
考えなくてはいけません。

お葬式にはやり直しはないのです。

昔から葬儀の様々なことをする中で、
故人が亡くなったことを受け入れて

新しく踏み出せる時間を
お葬式が作ってくれる癒しとしての儀式でもあります。

弔問客との対応も、ただ忙しい
あるいはわずらわしいと思うだけではなく、

直接は知らない故人の友人と
言葉を交わすことにも意味があったりもするわけです。

そのような機会が火葬式では得られないということは、
ご考慮いただければと思います。


火葬だけの葬儀である火葬式(直葬)は、
当然ですが一般的なお葬式に比べれば費用はかかりません。

お通夜や葬儀・告別式といった儀式を
まったく行なわないわけですから、

祭壇をはじめ式場の費用など
一切必要でないわけですから当然安く済むわけです。

火葬式は、特に宗教を信じていないなど
お葬式というものに対してその意味を感じられない
というような場合に利用するということもあります。

でも、多くの場合、やはり費用がかからない
ということが火葬式を選ぶ理由となるようです。

故人が生前に残された
ご遺族への負担がないようにと考えて
火葬式を希望するというようなこともあるようです。

火葬式といってもただ荼毘にふすということだけではなく
お経を読んでもらうなども出来ます。

火葬場ででもお葬式としてお見送りをすることは出来ます。

色々な諸事情で火葬のみとなった場合でも、
まずはご相談くださいませ。


それでは、今回も長文をお読みいただき
ありがとうございます。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
多磨日華斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/7.html
多磨日華斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。