東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

代々幡斎場の神式葬儀の歴史

■2021/03/27 代々幡斎場の神式葬儀の歴史

代々幡斎場での神式葬儀に際して
今回は神式葬儀の歴史についてです。

日本でのお葬式は今は仏式葬儀が殆ど
ということはご存知のことと思いますが、
仏教が伝来する以前は神道での葬儀が行なわれていました。

ということは、神式葬儀は日本古来の伝統ある葬儀と
いうことになるわけです。

そんな伝統のある葬儀にもかかわらず
どうして少なくなったのでしょう。

それは、江戸時代に仏教での葬儀を強制したという
経緯から一時期殆ど姿を消したといわれています。

それが、明治に入って神式の葬儀が認められ始めたことで、
少しですが復活していったということのようです。

そして、現在は古来よりの伝統への注目や
葬儀に対する考え方の変化などもあり
神式葬儀を考える人もふえてきているといいます。

そもそも日本固有の宗教でもあった神道で、
その葬儀様式としていた神葬祭は、
古事記や日本書紀などの日本の神話の世界にも
登場するほどの伝統のある儀式です。

日本人の遺伝子の中にもその伝統は
刻み込まれているのではないかとも思えるものです。

ですから、もし神式葬儀の神葬祭に参列したことがなくても、
違和感のない儀式に感じるのではないかと思います。

神式での儀式のなかには、手水の儀などの初詣などで
神社に行く人の中には経験している儀式もあると思いますので、
意外とシックリと来る部分があるのではないでしょうか。

又、玉串奉奠などは、逆に厳かな雰囲気を感じることが
出来るのではないかと思います。

一般的な日本人の死生観というものは、
祖先から自分、そして子供たちへと受け継がれていく
というような考え方です。

これは神道の霊魂は不滅であり引き継がれていくものだ
というような考え方と同じだといえます。

やはり伝統的な神道の考え方を受け継いでいるようにも思えるのです。

もちろん、仏教での極楽浄土というような世界も
受け入れている部分はあるでしょう。

特に不信心というわけではないでしょうが、
こだわりなく受け入れるという国民性もあるのだと思います。

そんな中で、神式葬儀が見直されてくる可能性は高いかもしれません。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
代々幡斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/5.html
代々幡斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。