斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

堀ノ内斎場の神式葬儀について

■2021/03/26 堀ノ内斎場の神式葬儀について


堀ノ内斎場の神式の葬儀は、
仏式の葬儀に対応するように行なわれている
儀式であるように言われていますが、

基本的に神道と仏教とは死についての考え方や
霊に対するとらえ方が違っているわけです。

神道では、祖先の神から出た霊が
祖先の神のもとに帰っていくというように考えています。

また、死は「不浄」であり「穢れ」のあるものとしているので、
神社で葬儀を行なうことを禁じています。

鳥居をくぐることも出来ないのです。

遷霊祭の儀式を通して死者の霊を霊璽(れいじ)に移すことで、
亡骸を埋葬できるものとするわけです。

そもそも、人が死ぬとその霊が、
自分が生まれた土地を守護する産土神(うぶすなかみ)
すなわち氏神の森に行くと考えられていました。

遷霊祭でその霊が守護神になったと考えられているわけです。

神式葬儀は、仏式の葬儀とは大きく違う部分をもたちながら、
その大きな流れでは違いのないものとなっています。

特に日本での葬儀が仏式が主流となったことで、
神式葬儀も変化していったといえるでしょう。

仏式でのお通夜に始まる葬儀・告別式といった
一連の流れにあわせるように、
神式の儀式も変わっていったといえるでしょう。

もともと神道というものは、その昔に習俗から
自然発生したような民族宗教といわれています。

それぞれの地域によって違っていることもあるわけです。

統一されたものがあるというわけではないというのも、
仏教スタイルに影響を受ける要因とも言えるかもしれません。

それを考えると、神社での葬儀が出来ないものとなっているのですが、その決まりごとを破ることもないというわけではないかもしれません。

もともと日本人は神社とのつながりの強い国民です。

殆どの人はお正月には初詣で神社を訪れます。

他にもお宮参りや七五三や結婚式など
利用する機会も少なくないわけです。

最期の儀式が神社で行なわれないというのも、
不自然だと感じてもおかしくないかもしれません。

お葬式事情も変化している中で、
神式葬儀が神社で行なわれるということもあるかもしれません。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
堀ノ内斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/4.html
堀ノ内斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。