斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

臨海斎場葬儀後の墓地の分類

■2021/03/13 臨海斎場葬儀後の墓地の分類

臨海斎場の葬儀・告別式
そして火葬と、お葬式が終わっても
まだまだ儀式としては残っています。

忌明けの法要も終わり納骨ということになるわけです。

さて、納骨ということは、お墓が必要です。

そして当然ですがお墓があるのは墓地です。

皆さんは墓地についてどれくらいご存知でしょうか。

そんなに詳しいという人もいないと思います。

ここでは少し墓地の分類についてお話したいと思います。

『寺院墓地』

寺院が管理運営する墓地。日本の伝統的なお墓の形態です。

永代供養が可能ですが、
利用するには基本的に檀家になる必要があります。


『民営墓地』

経営主体が公益法人(財団・社団法人)の墓地、
または寺院境内以外に宗教法人が経営している墓地のことです。

申し込みには資格制限がありません。

また生前にお墓を準備することも出来ます。

公営に比べると利用料は高くなります。


『都市型墓地』

民営墓地のひとつです。
住宅密集地にあるので墓地の規模は小さくなります。
交通の便は良いです。


『郊外型墓地』

民営墓地のひとつです。都心から離れているので
墓地の規模は大きいものが多いようです。


『公営墓地』

都道府県や市町村などの自治体が所有している墓地。

ただし実際の管理・運営は、財団法人などが代行しています。

使用料・管理料が安く、宗旨宗派についての制限はありません。

ただし利用に関しては申し込み時にかなり厳しい条件があります。

また、お墓を生前に準備するということは出来ません。

さらに、供給が追いついていないので競争率の高い墓地だといえます。

と、墓地について簡単に説明をして見ましたが、
少しは理解していただけたでしょうか。

いくつかの墓地の種類はありますが、
基本的に土地不足だといわれています。

実際に土地がなくてお墓を立てられない
という人も多くいるようです。

いろいろと問題があるような墓地やお墓の事について、
少し知っておくというのも必要なことではないかと思います。

お葬式と同様、誰もが必ず関わることですからね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
臨海斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/8.html
臨海斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。