東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

四ツ木斎場葬儀後の永代供養墓

■2021/03/12 四ツ木斎場葬儀後の永代供養墓




お葬式のことはいろいろと考えることはあっても、
その後についてはあまり考えることは無いかもしれませんね。

その後というのは、お墓の事です。

誰もが火葬を済ませればお墓に入るということは
当たり前というように考えてると思います。

もちろん基本的には納骨という儀式が行なわれて、
お墓に入ることが基本です。

でも、檀家をもつ人が少なくなっていたり核家族化で
先祖のお墓のことも良くわからなくなっているような時代に
お墓の無い世代が増えて来ることは予想されることです。

墓を守るというような習慣もなくなるかもしれません。

そうなると増えるのが「永代供養墓」
ということになるのかもしれません。

あるいはお墓を持たないという「散骨」という方法です。

さて、永代供養墓とはどういうものでしょうか。

寺院や墓地管理者が責任を持って
供養・管理をしてくれるお墓のことです。

かつては継承者のいないことが使える条件でしたが、
今はその条件も無くなりつつあるようです。

継承者がいたとしても、放棄されてしまえば
同じことになるわけですからね。

寺院によっていろいろと違うようですが、
檀家になる事を条件としていることが多いようです。

永代供養墓は、その形態や遺骨の管理方法で
いくつかのタイプに分けることが出来ます。

『共有の納骨施設の上に、記念碑などの建立物をたてたもの』
『専用の区画を用意し、その中に墓石を設置したもの』
『屋内の専用施設内に用意する(納骨堂)』

記念碑タイプであれば、宗旨・宗派をとわずに利用できるようです。

費用に関しては、数十万円から数百万円とかなり幅があります。

使用料は、骨壷の安置と土に埋葬するかで費用に開きがあるようです。

供養料は、供養の期間や個別に供養を行なうかどうかで変わります。

他にも個別の墓石を立てたりすれば別途かかることになります。

また、公営墓地であれば、かなり費用が抑えられるということですが、
供給で間に合っていないということです。

それだ゜家希望している人が多いということなんでしょうね。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
四ツ木斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/2.html
四ツ木斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。