斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

戸田斎場葬儀式での香典返し

■2021/03/09 戸田斎場葬儀式での香典返し



戸田斎場などでのお葬式といえば
香典というものは付きものといって良いでしょう。

昔は、葬儀のためにお米や野菜、香などを持参していたそうです。

それから香を買う費用として、香を供えるという意味から
香典を渡すようになりました。

その後、お葬式にはいろいろと出費が多いということから
相互扶助として香典を送るようになったということです。

さて、いただいた香典にたいしては、香典返しという形で
お返しをすることになっています。

香典返しには葬儀・告別式後にお渡しする「即返し」
(「当日返し」)と、四十九日の忌明けの法要の後に
忌明けの報告とともにおくる「後返し」(「後日返し」)
と二通りの方法が一般的にはとられています。

後返しの場合は、忌明けから
1ヶ月以内に行なうようにするのが普通だといわれています。

又、五七日忌を忌明けとしている場合がありますが、
その場合はその日を忌明けと考えて香典返しを行なう事もあります。

これらは仏式での香典返しですが、神式の場合は三十日祭か
五十日祭の後に行ないます。

またキリスト教式では、
特に決まったものはありませんが、
一ヵ月後の追悼ミサや召天記念式の後に
香典返しをすることが多いようです。

一般的な香典返しとしては、
香典額の半分から3分の1程度の品物をお返しします。

当日にお返しをする即返しの場合は、
香典の金額に関係なく同じ品物を香典返しとしてお渡しします。

高額の香典をいただいた方には、後日、挨拶状とともに
別に香典返しをするようにするといいと思います。

香典の金額リストなどを作っておくと
香典返しの時には便利だと思います。

香典返しの品物としては、食品や消耗品といった
残らないものが多く選ばれています。

香典返し用の品物として専用に用意されているものも
多くありますが、決して決められたものを贈らなくてはいけない
というわけではありません。

金額も含めて一般的にとられているというものはあるのですが、
贈る側の気持ちとして納得のいくものを贈られるといいと思います。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
戸田斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/9.html
戸田斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。