斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

落合斎場のお葬式後の最近の法要の形

■2021/03/03 落合斎場のお葬式後の最近の法要の形

忌明け法要でもある四十九日の法要の後にも、
百か日忌や一周忌・三周忌・七回忌・・・
三十三回忌と年忌法要は続きます。

他にも、祥月命日やお彼岸・
お盆などの供養は毎年の行事
というように行なわれています。

年忌法要に関しては、どんどんと
省略される事が多くなってきています。

理由はいろいろとあるでしょうが
、家族が分散しているという事が
大きいのではないかとも思います。

法要を行なうには
いろいろな準備も費用もかかります。

施主となる人の周りに
家族や親族がいないのであれば、

なかなかすべての法要を
執り行なうという事も大変であり、

そのたびに集まってもらうというのも
大変な事なのでしょう。

その結果として特別な法要だけを執り行なったり、

本当に少人数の家族だけのものにしてしまう
という事も多いようです。

又、法要を行なう場所も問題のひとつです。

一般的に法要は自宅で行なわれていましたが、
ある程度の広さがないと行なうのは難しいでしょう。

その場合はお寺という事になるのですが
、檀家を持っていなかったりすることもあって、
会場を決めなくてはいけないというような事も
原因になっているのではないかとも思います。

今までは、それでも大勢を呼んで
立派な法要をすると言う事がいいとされていたので、
昔ながらの法要が行なわれてきました。

でも最近では、落合斎場でのお葬式に際して、
葬儀も含め心のこもったものであれば
葬儀や法要の規模や豪華さというものは
問題ではないと考えられてきています。

そのため葬儀同様ごく身内だけでの法要と
いうものも増えてきているのです。

どんどんと省略される傾向にある年忌法要は、
それぞれに決まった日にちに行なわれるには
理由があるのですが、その理由というものは
あまり重要にされなくなってきています。

そのため他の法要と一緒にしたり
省略したりという事が続き、

その意味もあまり
感じなくなってきているというのが

なくなってきている理由ではないかと思います。

お葬式というもののとらえ方も
どんどん変化しているのですから、
それは仕方の無いことなのかもしれません。

でも、もう一度、
何のための儀式であるのかということを
考えて見ることも必要なのではと思っています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
落合斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/3.html
落合斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。