斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

堀ノ内斎場の家族葬・一般葬の流れ

■2021/02/19 堀ノ内斎場の家族葬・一般葬の流れ
堀ノ内斎場のお葬式において
一般的なお葬式の流れについては、
何度かお話もしていることとは思いますが、

家族葬との違いも含めて
簡単にまとめてみたいと思います。

基本的に、家族葬も一般葬とは流れとしては
それほどの違いはありません。

ただ規模の小さな
お葬式ということになる場合が一般的ですから、
その流れとしては代わりの無いものとして
理解していただいても良いかと思います。

さて、一般葬での流れですが、
ご逝去されれば、死亡診断書を受け取り、
死亡届を出し火葬許可証を受け取ります。

亡くなられてからはじめの儀式としては
「末期の水」という死後の世界で飢えや
渇きに苦しまないようにという想いから、
故人唇を湿らせます。

その後、「お清め」「着替え」の後に
ご遺体を安置して、「枕経」を上げてもらいます。

葬儀担当者との
葬儀日程などを打ち合わせをします。

葬儀の日程が確定すれば、
各方面に向けて連絡を取ります。

納棺の時には故人と一緒に
お棺に入れてあげたいものを用意します。

燃えないものを入れると
火葬炉の損傷にもつながりますので、
担当のものに確認してもらってください。

近親者が故人と一夜を共にすること
で邪霊を防ぐといわれていたことから、
「お通夜」は、親しい人との
最後の別れを惜しむものとして
お葬式での大切な儀式となっています。

今では、告別式の代わりの儀式としての
意味も強くなっています。

「葬儀・告別式」は、
お葬式では最も重要な儀式で、
多くの参列者との別れの儀式です。

『家族葬』では、ここでの一般会葬者が
いないかたちとなります。

その後、「出棺」そして「火葬」へと進みます。

「骨あげ」の後は「精進落とし」といって
葬儀後の宴席が設けられます。

元々は四十九日の忌明け後に
行うものでしたが、今ではお葬式後の会食を
「精進落とし」としていることが一般的です。

ここまでが一般的なお葬式の流れです。

この後、「後飾り」など
儀式的なものはありますが、

大まかな流れとしては
以上のようなものです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
堀ノ内斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/4.html
堀ノ内斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。