斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

警察から遺体を引き取る場合と落合斎場ご安置は?

■2021/02/10 警察から遺体を引き取る場合と落合斎場ご安置は?




病院で亡くなられれば、
ほとんどの場合がそのまま
死亡診断書が書かれますので、

死亡届の提出など葬儀の準備などを
葬儀社との相談のもと行なわれていくのですが、

病院以外で亡くなられた場合は、
ご遺体が警察のもとに一旦
預かられることになる場合があります。

その場合はすぐには葬儀を行なえない事もあります。

ご自宅で亡くなられて
死因が確定できない場合は行政解剖が、

さらに事件性があるようならば
司法解剖になる場合があります。


医師の検視で死因が確定できれば
問題はないのですが、

その時点での確定が難しい場合は
警察医による死体検案が行なわれます。


不審な部分がなければ、
警察から引き取る時間などの
知らせが入りますから、

葬儀社に連絡して、
警察に引き取りに行ってもらいます。

この後、落合斎場でのお葬式を
ご希望の場合には、落合斎場の保管室で
ご安置することができます。


死亡診断書に当たる
死体検案書を警察でもらってください。

場合によっては
行政解剖されることもありますが、

その場合は監察医務院などに運ばれ
検視解剖されてからご遺族へと戻されます。

犯罪の可能性が認められた場合には
司法解剖になります。

司法解剖になるとご遺体が戻るまで
時間がかかることもあります。

行政解剖は伝染病や
食中毒といった可能性を調べる事も
目的のひとつで死因の確定は必須問題ですから、
不審な場合は必ず行なわれます。

しかし、司法解剖の目的は
犯罪の解明にあるということから、
司法判断で行なえるのですが、

ご遺族の同意の元に行なわれるのが
通例になっています。

ご遺体を警察から引き取る事になるのは、
ご自宅での死因が確定できない場合もですが、
事故などの場合でも同様です。

思いがけない事故などで亡くなられた場合も
警察医の検視が必要となります。

ただ、事故などで病院に運ばれる途中や
病院についてから亡くなられた場合、
その死因に不審なところがなければ、

自然死という事ですぐに
死亡診断書を書いてもらえます。

また、自殺や他殺といったものは
警察医の検視が必要となります。

このように警察からご遺体を
引き取らなくてはならない場合もあります。


そんな場合にはすぐにお葬式が出来ない
という事もありますが、

その時間を葬儀担当者にご相談する時間に
使っていただきたいと思います。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
落合斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/3.html
落合斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。