東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

自宅で亡くなった場合の四ツ木斎場案保管は?

■2021/02/09 自宅で亡くなった場合の四ツ木斎場案保管は?

近しい人が亡くなられるということは、
たとえ覚悟はしていたとしても、
大きな同様があるものです。

今はほとんどの場合は
病院で亡くなられることが多いので
いろいろな対応は病院でやってくれます。

しかし自宅で亡くなられるということもあります。

そんな場合には、気も動転して
どうして良いか分からない事もあるでしょうが、
出来るだけ落ち着いて行動するようにしてください。

入院中に病院で亡くなられた場合は、
死因ははっきりしている事がほとんどです。

病気による自然死として死亡確認が行なわれて
死亡診断書を書いてもらえます。

しかし、自宅で息を引き取られた場合は、
自然死であるという断定はすぐには出来ません。

そこで必ず医師に見てもらう必要があります。

病気療養中であれば、主治医を呼びます。

それ以外の場合は、専門分野に関わりなく
何の医師でもよいので来てもらいます。

出来るだけ早く呼ぶ必要がありますので、
深夜などで医師が見つからない場合は、
警察に連絡して警察医に来てもらいます。

死因が確定するまではご遺体には触れたり
動かさないようにしてください。

医師が検視を行い死因が明らかになれば、
死亡診断書がかかれますので、
葬儀の準備に入っていただけます。

もし、医師の検視の結果、
死因が明らかにならなかった場合は
変死という扱いを受けます。


その後は警察医の立会いの元で
行政解剖が行なわれる事もあります。

死因さえ分かればすぐに
ご遺体を引き取る事が出来るのですが、
犯罪性の疑いが生じた場合には、
司法解剖となリますので、ご遺体の引取りには
時間がかかることになるかもしれません。


葬儀も行なう事が出来ません。

火葬許可書や埋葬許可書などは
司法届けが出されて初めて
受けてることが出来ますから、

死亡診断書に当たる死体検案書がなければ
葬儀・告別式をあげたとしても
火葬が出来ないのです。

ちなみに、司法解剖になると
大学の法医学医師が解剖を行ないます。

解剖された場合は、死体検案書と呼ばれる
死亡診断書に当たるものが発行されますので、
それを持って死亡届を提出するという流れになります。

一連の処置が終わり、
四ツ木斎場でお葬式を希望される場合には
四ツ木斎場の保管室にご安置することができます。







◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
四ツ木斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/2.html
四ツ木斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。