斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

堀ノ内斎場お葬式での保管

■2021/02/04 堀ノ内斎場お葬式での保管

 

堀ノ内斎場でのお葬式を待つ間に
ドライアイスが必要になるということは
意外と知られていないのではないでしょうか。

ご遺体の状態を保つためのドライアイスは
葬儀の必需品ともいえます。

ドライアイスを使わない
エンバーミングを行なったり、

特別な施設や費用の面からも
今のところは一般的ではないようです。

ドライアイスはマイナス79度と
その冷却力は大きく、

その効果は24時間程度持続します。

お通夜式をするまでの間は交換を続けて
ご遺体の状態を保つようになっています。

ドライアイスは固形の二酸化炭素ですから、
環境面から使用を控えるように
という声も無くはありませんが、

それに変わるものがない以上
必要なものだといえます。

また、冷却力の強さから
ご遺体が凍ってしまう事もあり、

そのことを気にされるご遺族も
いらっしゃると聞きますが、

最期のお別れのときに生前のような
きれいな顔を保つためには、

またニオイを出さないためにも必要なことです。

ドライアイスは、一般的には、
1回に10キロ程度を使用するようです。

基本的には、一日一回の交換
ということになりますが、

夏場など気温によっては、
朝に交換したものが夕方にはなくなる
ということもありますので、

状況によって変わってきます。
いずれにしても、納棺まで続けられます。

ただ、期間があまり長いような場合や、

猛暑や安置場所の温度調節が困難な場合などは、
冷蔵庫での安置という方法のほうが安心できます。

もちろん、堀ノ内斎場には保管室があります。

また、ドライアイスのとり扱いで
葬儀社のレベルを知ることが出来るとも言われています。

ただ冷やせばいいといったような
配慮に欠く扱いの葬儀社は、
ほかのことも期待は出来ないと考えて良いと思います。

状況に合わせて、ご遺体を最適な状態に保つことが
お葬式を安心して任せられる葬儀社の最低条件です。

 


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
堀ノ内斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/4.html
堀ノ内斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。