斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

谷塚斎場と葬祭扶助に関して

■2021/01/31 谷塚斎場と葬祭扶助に関して

谷塚斎場の近郊のお住まいの方で
生活扶助や医療扶助という言葉は
聞き覚えのある方もいるかもしれません。

これらは、国が生活に困窮する国民に対して、
必要な保護を行なうためのものです。

そして、葬儀葬祭におけるものとして
『葬祭扶助』というものがあります。

これは生活保護法の第18条に
定められている事です。

(1) 葬祭扶助は、
困窮のため最低限度の生活を
維持することのできない者に対して、
以下に掲げる事項の範囲内において行なわれる。

1.検案
2.死体の運搬
3.火葬又は埋葬
4.納骨その他葬祭のために必要なもの

(2) 以下に掲げる場合において、
その葬祭を行なう者があるときは、
その者に対して、前項各号の葬祭扶助を
行なうことができる。

1.被保護者が死亡した場合において、
その者の葬祭を行なう扶養義務者がないとき。

2.死者に対しその葬祭を行なう
扶養義務者がない場合において、
その遺留した金品で、葬祭を行なうに
必要な費用を満たすことができないとき。

というのがその全文です。

こういった条文はどれも同じで
適応されるかどうかという事が
直ぐに判断できなかったり、

対象が誰なのかが
わかりにくかったりするものですが、

もし、葬儀をあげることが困難であると
思えた場合は、地方自治体である
市区町村の役所に行って生活保護の係りで
相談する事をおすすめします。

元々は生活保護の対象となっている人が
葬儀を行なわなければいけなくなったときに
その扶助をする事を前提として始まったようですが、

生活扶助を受けていなくても、
お葬式をあげるだけの費用がない場合に
葬祭扶助を受給できるようになっています。

ただ、生活保護法の基本理念は
「可能な限り自分たちで何とかする」
というものですから、

その範疇での扶助という事になると思います。

ですから、扶助による受給額に
上乗せしてお葬式をあげるということは出来ません。

受給額に関しては、物価などの違いもあり
地方自治体によって違います。

さらに、何処までを葬儀に必要なものであるか
という判断には幅があるようなので、
そのあたりでも違いは出てくると
考えたほうがいいようです。

谷塚斎場のような斎場併設の火葬場での
直葬費用や骨壷、棺代など葬祭扶助がうけられます。

このような葬祭扶助があるということは
しっかりと記憶していただきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
谷塚斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/10.html
谷塚斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。