斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

戸田斎場葬儀にて喪家の挨拶の基本的なスタイル

■2021/01/20 戸田斎場葬儀にて喪家の挨拶の基本的なスタイル


戸田斎場お葬式の際に
お葬式の大切な挨拶である
葬儀・告別式での喪家側の挨拶には
基本的なスタイルと言うものがあります。

挨拶を作るうえでは
大切なスタイルですので、
そのことについてお話します。

内容的にはお通夜での挨拶と
重複するような部分もあるでしょうが、
そういったことは気にしないで
省略することなく丁寧にお礼を
述べるようにします。

一般的に会葬者の多くは
お通夜に参列していない人です。

では構成ですが、
はじめに『会葬者へのお礼』を述べます。

喪主と面識のない会葬者がいる場合は
自己紹介もします。

親族代表の場合は、喪主が挨拶できない
理由と故人との関係も述べます。

続いて闘病中の状態や最期の
様子なども含め『死去の報告』を
差し支えのない範囲で話します。

その後『故人の思い出やエピソード』を紹介します。


そして、参列者に対して故人が
生前お世話になったことへの
『感謝』や、今後の遺族に対する
支援の『お願い』の言葉を
欠かさず述べるようにします。

最後にもう一度会葬者への
お礼の言葉を述べて締めくくります。

お通夜での挨拶と重複しても
問題ないとは言いましたが、
まったく同じにはならないように
したほうがいいでしょう。

エピソードなど切り口を変えて
話すといいかもしれません。

エピソードは故人を
彷彿させるものがいいでしょうが、
しめやかな葬儀と言う場を考えれば、
そぐわないようなエピソードは
避けたほうがいいかもしれません。

内容に関しては、
喪主と故人との間柄でも変わってきますが、
基本的なスタイルとしては変わりはありません。

ちなみに、喪主となるのは、
故人と一番身近な人が勤めるのがならわしです。

一般的には、第一に「配偶者』続いて
「子供」次に「親」と言った順になります。

どの場合でも故人と同居していた人が
勤める事になっています。

喪主となるべき親族が高齢だったり
未成年だったり、あるいはショックで
寝込んでしまっていたりと

喪主を勤める事に支障がある場合は、
兄弟姉妹、おじ・おばと言った人が、
親族を代表して挨拶をします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
戸田斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/9.html
戸田斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。