東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

臨海斎場のお葬式『弔辞』からスピーチへ

■2021/01/18 臨海斎場のお葬式『弔辞』からスピーチへ

大田区にある
臨海斎場でのお葬式の際に、
ときおり弔辞やスピーチを
式中にされることがあります。

葬儀には、仏式、
神式、キリスト式と、
その宗教宗派での違い
と言うものがあります。

そんな中で、それらに
とらわれないかたちでの
お葬式と言うかたちを
選択する人も増えてきています。

また、家族葬などで、
一般の弔問のない葬儀なども
増えている中、『お別れ会』や
『しのぶ会』と言った

無宗教での宗教にとらわれない
お葬式も多く見られるようにも
なって来ています。

これらの葬儀には今までのように
「死者をともらう儀式」と言うよりも
故人との親交のあった人たちが
集まってパーティスタイルで
進行するのが一般的なようです。

お葬式のかたちも変化していく中、
『弔辞』にも変化が見られると
言ってもいいかもしれません。

それは、『お別れ会』や
『しのぶ会』での
会葬者からの『挨拶』です。

『お別れ会』や『しのぶ会』には
進行に特に決まりごとが
あるわけではありませんが、

会葬者の代表の挨拶である
『弔辞』に相当するものもあります。

と言っても、
そこには大きな違いがあります。

それは、一般的な『弔辞』が、
故人の魂に向けて語りかける
と言う形なのに対して、
参列者に対して語りかけると
言う事が多いと言う点です。

『弔辞』よりも『スピーチ』に
近いといえるでしょう。

もちろん、自由なスタイルですので、
従来の『弔辞』のしきたりを
ふまえる事も自由だと思います。

スタイルや呼び名は違ったとしても、
その内容までもが変わっていくとは思えません。

故人に対する思いを自由に語る
スピーチであったとしても、
『弔辞』での気をつけるべき
内容や避けるべき言葉などは
無視できない事だと思います。

私個人としては、
特にそういったところは
こだわって考えてもらいたいと
感じています。

葬儀・告別式のように
儀式ばったものではないとしても、
故人のご冥福を祈る時間である事には
代わりがないはずです。

その大切な時間での『挨拶』は、
その気持ちがあれば、
『弔辞』と呼ばれても
『スピーチ』と呼ばれても、

ちゃんと伝わることばに
なるのではないかと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
臨海斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/8.html
臨海斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。