東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

谷塚斎場葬儀・会葬者の代表の言葉『弔辞』

■2021/01/14 谷塚斎場葬儀・会葬者の代表の言葉『弔辞』

 

埼玉の草加市に在る谷塚斎場では

最近、一般家庭での告別式では
省略される事も少なくないとは言うものの
弔事を読まれることがあります。

『弔辞』の朗読と言うものは、
会葬者の代表として、故人の霊に
捧げる言葉として、大切なものです。

『弔辞』の依頼は、
生前故人と特別に親交のあった
一名から数名にご遺族から
依頼されるのが普通です。

結婚式などのように多くの友人が
挨拶をするというものではありません。

時間的な問題もたぶんにあるとは
思いますが、会葬者の想いが同じであると
言うのが理由のひとつではないかとも思います。

それだけに、『弔辞』を依頼される
と言うのは、大変名誉な事ですので、
快く引き受けてあげていただきたいと思います。

そして、しっかりと準備をして
悔いの残らないようにして
いただきたいと思います。

では、『弔辞』について
少しお話をさせていただきます。

『弔辞』は故人に対しての
別れの言葉です。

会葬者やご遺族に向かっての
ものではありませんので、
霊前に向かって語りかけます。

多くの挨拶が原稿を持たないほうが
いいとされていますが、

『弔辞』では、
書いたものを用意して朗読します。

ですから、草稿を声に出して
練習しておくほうがいいでしょう。

語り終えたら巻き戻して
ご霊前に捧げるのが
しきたりとなっています。

この原稿はご遺族の手元に
残るものですから、

自分にしかわからないような
メモ的な書き方ではいけません。

形式をふまえて
きちんとしたものを作る必用があります。

内容に関しての決まりと
言うものはありませんが、

一般的には次のような要素を
盛り込むようにした方が良いとされています。

①訃報に際しての悲しみや驚き。
②故人の人柄や経歴。功績や良いエピソードなど。
③自分自身の現在の心境。冥福を祈る言葉。
④別れの言葉。

これはあくまで基本的なものですので、

全ての要素がなくては
ダメと言うわけではありません。

時間は世話役などから
指示がない限り3分前後が普通です。

400字詰め原稿用紙で
3枚ぐらいが目安ですが、

実際に声に出して読んで見て
調節するほうが良いでしょう。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
谷塚斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/10.html
谷塚斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。