東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

代々幡斎場でのご葬儀の種類について

■2021/01/07 代々幡斎場でのご葬儀の種類について


代々幡斎場でのご葬儀の種類について
簡単にお話したいと思います。

ここでいう葬儀の種類とは、
仏式、神式、キリスト式といった
宗教的なものではなく
密葬、本葬、社葬などと言ったスタイルのことです。

密葬・・・密葬とは、読んで字の如く
密かに葬る事、内々で葬儀をする事です。

基本的に近親者のみで葬儀を行い、
外に対して告知や案内をしない葬儀をさします。

ですが、本来は後日に
本葬を行う事を前提した葬儀です。

本葬を行なわないような場合は
家族葬ということになるでしょう。

また、密葬には告別式は含まれません。

本葬・・・社会的に知名度や
影響力がある方の葬儀の場合では、
告知の準備などに日数が必要となります。

お亡くなりになられた直後は、
近親者のみで密葬を行い後日に葬儀を行います。
これを本葬と言います。

社葬などの場合、近親者で密葬を行い、
後に本葬と言う形で社葬を行なう事も多く見られます。

社葬・・・会社・企業が施主となって行う葬儀を意味します。

規模の大小に関係なく会社が、
葬儀の費用を負担するのであれば社葬に分類されます。

家族葬・・・家族葬とは、正確な定義はまだありませんが
近親者や極親しい友人知人等の身内のみで行う葬儀を指します。

密葬と違うのは本葬を行わないと言う事です。

でも、かわりに「お別れ会」のようなものを開く事が多いようです。

区民葬・・・区民葬とは、区と提携している葬儀社が提供する
社会奉仕の一環で規定の祭壇と料金からなる葬儀の制度です。

仏式・神式・キリスト教などの葬儀に対応しています。

告別式・・・最近では、葬儀と言えば
通夜と葬儀・告別式をさす事も多いと思います。

特に、葬儀式と告別式は
ひとつのもののようになってきているのも事実ですが、
本来は別のものです。

告別式の由来は、1901年(明治34年)に、
葬儀不要と遺言した中江兆民の為に、
無宗教での葬儀を「告別式」として
板垣退助が考案したと言われています。

ですから、本来は無宗教での葬儀の事を指したと思われます。

昭和に入ってから現在のように、
葬儀・告別式という形が定着していったようです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
代々幡斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/5.html
代々幡斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。