東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

神式での町屋斎場お葬式

■2021/01/02 神式での町屋斎場お葬式


町屋斎場において
仏式の葬儀についで多く行なわれているのが
神式の葬儀ではないでしょうか。

と言っても、9割以上が仏式と言う事を考えると
神式の葬儀はかなり少ない事は確かです。

でも、神式の葬儀は日本では古くからある葬儀です。

仏式同様にその儀式の数々にはそれぞれ意味合いがあり、
作法などにも注意を払わなくてはいけないのは言うまでもないことです。

神式では、「通夜祭」、続いて行なわれる「遷霊祭(センレイサイ)」、
そして「葬場祭(ソウジョウサイ)(神葬祭)」が行なわれます。

「通夜祭」は仏式でのお通夜に当たるものです。

「遷霊祭」は、魂を霊璽(レイジ)に移す儀式です。

霊璽は仏式での位牌に相当するものと考えてください。

これで、故人の霊魂が家の守り神になったと同時に
埋葬・火葬ができる亡骸になったことを意味しています。

「葬場祭」は、仏式の葬儀式と告別式を兼ねているものです。

葬祭を司るのは斎主と呼ばれる神職で、
僧侶の読経のかわりとなる祈りの祭詞の朗読を行ないます。

葬儀の作法において
神式の葬儀で仏式といちばん異なるのは「手水の儀(チョウズのギ)」と、

それに引き続いて執り行われる「玉串奉奠(タマグシホウテン)」です。

これは仏式の焼香にあたるものと考えていただければよいでしょう。

斎主(神官)・副斎主・祭員・喪主・遺族・近親者の順番で行います。

神式の葬儀では、故人の霊魂を一家の守護神として祀るのが特徴で
「死を忌み嫌う」ため、葬儀は神社ではなく
自宅や町屋斎場などの葬儀式場で行われます。

また、お悔やみを伝える場合も仏式とは違っていますので注意が必要です。

仏式のように「冥福」「成仏」「供養」などという言葉は
用いないようにしてください。

「このたびは突然のことでございました」や
「お知らせをいただき、ありがとうございました」
などとするのがよいと思います。

香典を包む際は、のし袋には「蓮の花」の入っていないものを使用し、
表書きは「御霊前」「玉串料」などとします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
町屋斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。