東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

町屋斎場葬儀式後の位牌・仏壇の準備と忌明け法要

■2020/12/25 町屋斎場葬儀式後の位牌・仏壇の準備と忌明け法要

町屋斎場での葬儀の時に使用した白木の位牌は、
葬儀後しばらく中陰壇(後飾りの祭壇)に安置します。

そして、四十九日の忌明けまでに本位牌(塗りの位牌)を用意します。

本位牌は戒名などを入れなければなりませんので、
早めに用意するようにしてください。

また、納骨後白木の位牌は、菩提寺に納めます。

その代わりに、僧侶に開眼供養をしてもらった本位牌を、
自宅の仏壇に安置します。

自宅に仏壇のない場合は、
忌明け法要前までにお求めになる方が多いようです。

仏壇の種類は、
金仏壇(檜や杉などを使い漆を塗り金箔仕上げを施したもの)や
唐木仏壇(黒檀や紫檀などで作られたもの)などに大きく分けられます。

そして、台付型仏壇や上置き型仏壇などの形があります。

また、宗派・予算・住宅事情が仏壇を購入するうえでの
重要なポイントとなっているようです。

購入した新しい仏壇は、僧侶に開眼供養を必ずしてもらいましょう。

ちなみに、浄土真宗では位牌は用いませんので、僧侶にお願いして、
法名軸か過去帳に故人の法名を書いていただきます。

つづいて、忌明け法要の準備についてお話します。

まず日時を僧侶、親戚と相談します。

出席していただく招待者を確定します。

一周忌までは、親戚や近親者だけでなく
故人の友人・知人なども招待します。

次に会場を決定します。

忌明け法要は自宅・寺院・会館などで行います。
最近では、ホテルなども利用されるようになりました。

法要の日時が決定しだい、
招待者に案内状を出すか、電話で連絡をします。

僧侶との打ち合わせも必要です。

僧侶との具体的な打ち合わせ事項としては、
日時の確認・お布施などがあります。

最期に「お斎(とき)」の準備をします。

供物・供花の手配や、
会食「お斎」 の料理や返礼品の手配も行います。

それぞれ金額や数についても確認して決定しておきます。

これで忌明け法要の準備は完了です。

法要は、一般的に

僧侶入場→読経→焼香→法話→会食「お斎」

と進行します。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
町屋斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。