斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

落合斎場お葬式での服装について~会葬者~

■2020/12/13 落合斎場お葬式での服装について~会葬者~

落合斎場での葬儀、
その、お葬式の服装といえば、
喪服を着用して参列します。

喪服に違いがあるなんて
あまり考えもしないことですが、
正式な喪服といわれるものであったり、
略式のものがあったりします。

さらに、喪主やご遺族の喪服と、
会葬者の喪服に違いがあったりするということも
知っておかなくてはいけないことです。

特に大切なことは、喪服には格と言う物が存在し、
会葬者が喪主やご遺族よりも格上の服装にならないように
気をつけなくてはいけないということです。

ただ、一般的に認識している喪服(略式)を着用すれば、
ほとんど問題はないと思います。

さて、その服装ですが、
お通夜の段階では、喪服を着て訪問する事は、
逆に失礼に当たるといわれて、
地味な平服で行くのが良いとされていました。

でも、最近では、葬儀・告別式に出られないので、
お通夜に出るという方も増えていますので、
喪服の着用でも差し支えないようにはなってきています。

男性は黒のスーツか、濃紺、グレーなどの
ダークスーツが適しています。

女性は、黒、茶、紺のワンピースか
アンサンブル、ツーピース。

和装なら地味な色無地の紋付きを着ます。

落合斎場のような
都心にある斎場葬儀の場合には、
お通夜と葬儀・告別式のどちらにも
参列する場合は、同じ喪服でもよいでしょう。

個人的には
お通夜よりも葬儀・告別式の方が、
改まった服装にするのが良いと思います。

たとえば男性なら、
お通夜では地味なネクタイにして、
葬儀では黒のネクタイに変える
というように変化をつけたりすると良いです。

両方出るのであれば、やはりお通夜は、
慣習に従って地味な平服にすべきだと思います。

女性の会葬者の正式な喪服は、
黒のワンピースかツーピース、
和装なら黒の五つ紋から一つ紋の着物、
帯やハンドバックなども黒の物を用います。

薄化粧にし、鮮やかな色の口紅やマニキュア、香水は避け、
髪飾りも光る金具のついたものは避けて黒いリボンを結びます。

またアクセサリーは基本的にはつけませんが、
真珠のネックレスならよいとされています。

ただ2連のものは「重なる」ということで避けてください。

たとえ真珠でも、イヤリングや指輪は遠慮し他方通いでしょう。

結婚指輪はアクセサリーとは違うものなので
つけていても問題はありません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
落合斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/3.html
落合斎場での神式神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。