斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

エリア情報

ご遺族の行なう本当の「お通夜」東京博善斎場

■2020/12/09 ご遺族の行なう本当の「お通夜」東京博善斎場

 

「お通夜」は本来夜通し行なうものです。
ご遺族が起きていてご遺体を夜を通して守るというものです。

今では、「半通夜」と呼ばれる儀式が
「お通夜」といわれていますが、
その後夜が明けるまでが「お通夜」というわけです。

もともとは、全員で起きて
ろうそくの火を絶やさないように起きていたのですが、
最近では2,3人交替で行なう事も多いようです。

また、この後の葬儀・告別式などの疲労を考えて
全員で休む場合もあります。

その場合は、戸締りをして、
ろうそくの火を消す事を祭壇の前で故人に報告してやすみます。

東京博善斎場などでは消防法などの関係から
夜通し火をともす事ができません。

そのためご遺体をお一人にされることになります。

この後のお葬式での疲労を考えれば、
ご遺族の体調などというのも大切なことではありますが、

私としては、誰か一人でも
心の中で守ってあげてもらいたいと思います。

ろうそくの火は絶やす事になったとしても、
「お通夜」本来の儀式は大切にしてもらいたいと思います。

もともと火をともしていたのは、野獣を寄せ付けないため、
そこから邪霊を寄せ付けないためとなっていったのだと思いますが、
それは、手段であり目的はご遺体をお守りするという事だったと思います。

ろうそくに火をともせないのであれば意味がないというように考えないで、
傍にいてあげていただきたいと思います。

火災の心配のない電球タイプのお灯明で代用するというのも、
良いかと思います。

実際にご自宅でのお通夜でのろうそくが原因で
出火したということも少なくありません。

そのような事になってしまっては、
本末転倒という事になりますので、

昔から言われていることは大切ですが、
ろうそくの火を絶やさないという事に固執する必要はないと
私は思っています。

それよりも、最後のひと時を過ごされる事に
重きを置いてもらいたいと思います。

ご遺体の安置する式場と距離は離れていても
気持ちは通じるものです。

何度もいうようですが、
やはり、ろうそくの火を絶やさないというのが
「お通夜」の目的ではないという事です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京博善斎場での葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
斎場での神式神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。