東京都北区、足立区、荒川区、文京区、新宿区、台東区、墨田区、葛飾区のお葬式、家族葬、斎場は葬儀会社【東京葬儀式】へお任せ下さい。

0120-88-5943

斎場情報

町屋斎場葬儀での神式お支払いと控除

■2020/12/04 町屋斎場葬儀での神式お支払いと控除


お葬式では何かとお金がかかリますが、
その支払いについて少しお話したいと思います。

町屋斎場葬儀関係での支払うべきものは、
大きく分けると2つに分けられると思います。

 葬儀社への支払いとお寺への謝礼です。

そのほかにも世話人の方などへの謝礼、
食事や飲み物など支払うべきものはありますが、
謝礼以外のほとんどを葬儀社が
まとめて引き受けていることがほとんどです。

葬儀社への支払いは、
葬儀後2~3日でご請求書が届きますので、
お見積書と照合してお支払いを頂くという流れです。

お寺への謝礼は、
本来は葬儀がすべて終わってからお寺へ持参して、
 僧侶への謝礼をすべき事なのですが、
最近では葬儀の当日に済ませることが多いです。

これは、仏式・神式・キリスト式の
どの場合でも同様になります。

 当日お渡しする場合は、
ご挨拶のときがほとんどですが、
「遺骨迎えの儀式」が済んでからか
告別式の後に渡しすることもあります。

枕経から通夜、葬儀・告別式の謝礼を
まとめてお渡します。

謝礼を包むときの表書きは、
 仏式ならば「御布施」と書くのが無難です。

ほかに「御経料」「御礼」「読経料」「御回向料」
とも書く場合があります。

 神式では「御礼」が一般的で、
ほかに「御玉串料」「御祭祀料」「御神饌料」「幣帛料」
などと書きます。

キリスト式の場合は「献金」「御禮」と書きます。

カトリックの場合は「御ミサ料」
プロテスタントの場合は「記念献金」と書き、
教会への献金という形をとっています。

それぞれ謝礼の金額については
僧侶や葬儀社に相談してください。

相場は20から30万円前後が目安と考えていいと思います。

また、お葬式を手伝ってくれた方や
霊柩車や送迎用のハイヤーとかマイクロバスの運転手、
町屋斎場の火葬場のかまどの火夫や休憩室の接待係の方などにも
こころづけを渡すようにしてください。

心づけの表書きは「寸志」「志」などの
気持ちを込めた意味のものを使います。

 心づけの相場は、葬儀の規模や地域によっても異なりますが、
 一般的に、心づけの相場は3000円からとなっています。

また僧侶への謝礼以外の支払いのほとんどが
相続税から控除されますので、

できるだけ領収書を保管する事をお勧めします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場葬儀式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
町屋斎場での神道葬儀式はこちら
https://shinshiki-sougi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。