斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

町屋斎場お葬式後「香典返し」と「お礼状」

■2020/11/10 町屋斎場お葬式後「香典返し」と「お礼状」


町屋斎場のお葬式に参列していただき
香典をいただいた参列者への
感謝の意を込めたものとして
「香典返し」はあります。

「香典を心配頂ありがとうございます」
ということと

「無事に忌明けを迎えられました」といった
謝意を表すこととして行われている
儀式のようなものだと思います。

もともとは忌明け後に、
あいさつ状を添えて送ります。

これは「後返し(後日返し)」と呼ばれ、
「香典帳」を確認して、

誰にどのようなものをお贈りするかを決めます。

通常は「半返し」といわれて、
香典の金額半額程度を目安に品物を返します。

また「即返し(当日返し)」といって、
一般参列者が町屋斎場お通夜式、
葬儀式・告別式の式場から帰られるときに
お渡しする「香典返し」もあります。

香典を寄付したり、家庭の事情で
香典返しを出来ないといったときは、
その理由を書き、忌明けのあいさつ状を送ります。

たとえ「香典返し」をしないと決めていたとしても、
お礼状や挨拶状などもしないという事は
決してないようにしてください。

もちろん葬儀に参列して
香典を出していった弔問の方々が
「香典返し」を期待している事はありませんが、

遺族側の「大丈夫」といった
報告のようなものを確認したくて
「香典返し」を待っている人も多いと思います。

私としては、無理をして
品物を送る必要はないと思っています。

でも、ちゃんとお礼状のようなものは
送るべきだと思いますね。

もちろんその感謝の気持ちを
品物に出来る余裕があれば、
「香典返し」の品は
とてもわかりやすい表現であると思います。

ただ、体裁を気にする親族の中には
「香典返し」のないことに
反発する人たちがいるというのも確かなようです。

もちろんその方たちも遺族の立場という事から
心配してくださっているのだとは思います。

「香典返し」をやらない場合は
そういった親族の方にも
しっかり納得してもらう事も必要な事かと思います。

「香典返し」として品物を贈っても贈らなくても、
忌明けを過ぎた頃に、多くの人に支えられていた事、

これからも支えてくれるんだという事に感謝して、
一人一人にお礼状を送ってください。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。