斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

町屋お葬式が終わり「後飾り」

■2020/11/06 町屋お葬式が終わり「後飾り」

皆さんの中にも「遠足は家に帰るまで」
なんてことを子供の頃に言われた記憶が
あるかたもいると思います。

比較するような事でもないでしょうが、
お葬式は帰ってからもまだやることは残っています。

帰ってからというよりも
むしろ帰る前の準備というべき事ですね。

それは遺骨迎えの準備です。

まず忌中札をはずし、
町屋火葬場から戻ってくる人のために、
水と清めの塩を玄関におきます。

そして火葬場から戻ってきた
ご遺骨を迎えて還骨回向を行います。

還骨回向とは遺骨を安置するための
「後飾り」をした「中陰壇」と呼ばれる
祭壇での法要の事です。

地域によって習慣が違いますが、東京で
多く見られる例として、上段に遺骨を置き、
その前に白木の位牌、下段に遺影を安置します。

遺影の前には中央に香炉、
右に燭台と鈴、左に花立てを置きます。

還骨回向の法要は仏教でのものですが、
「後飾り」は仏式だけではなく
神式やキリスト教式でも行ないます。

神式では上段に遺影を置き、
下段に遺骨を置きます。

キリスト教式では一段に
まとめておく事が多いようです。

この「後飾り」は
葬儀費用のセット料金に含まれていますので
ご家庭での用意・設置のご心配はございません。

仏式では遺骨は
一般に四十九日の忌明けまで
ここに安置し、灯明をともし、
焼香をして、故人の冥福を祈ります。

この間の弔問客もここにお参りします。

「後飾り」は四十九日まで飾ります。

還骨回向に続いて初七日の法要を先に
済ませてしまうことも多くなっています。

終了後、喪主が挨拶をし、
精進落しの宴を開きます。

喪主または、遺族代表がお開きの挨拶をし、
世話役の人たちに礼を述べます。

初七日の法要や精進落としなどを
最近ではご遺族の負担などを考えて
葬儀と一緒に済ませてしまう傾向にあるようです。

もちろん古くからの慣例に従って
行う方もいらっしゃいます。

そして望むならば慣例通りにする事も出来ます。

その場合、初七日の法要は
故人が亡くなった日から7日目にあたる日に、
精進落としは忌明けの49日目に行います。

このような葬儀の後の事なども
ご遠慮無く相談してください。

下町の慣例にない方法も
今では選ぶことが出来る場合も多くあります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。