斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

町屋火葬場でやる儀式と「精進落とし」

■2020/11/05 町屋火葬場でやる儀式と「精進落とし」

お葬式において、葬儀・告別式が
終わってしまえばひと段落という
気持ちになるのは確かですね。

会葬者の多くは
火葬場へ行く故人を見送って
葬儀は終わってしまいます。

でも、ご遺族にとっては
まだ終わったわけではありません。

告別式が終わると出棺され
会葬者に見送られたご遺体は
霊柩車で町屋火葬場まで運ばれます。

喪主、ご遺族、故人と
近しい関係の方の順序で
分かれて車やハイヤーに
乗車してその後に続きます。

人数の多い場合など
マイクロバスを利用される事もあります。

一般的には僧侶にも
ご一緒してもらう事が多いようです。

ここで、あまり知る機会のない
町屋火葬場での一連の流れについてお話します。

町屋斎場に併設の火葬場へ到着後すると、
火葬場の職員がお棺を載せる台車に
霊柩車からお棺を載せて、
炉前(告別ホール)に移動します。

お棺が火葬炉に納められた後、
炉前で、参列者は故人と
縁の深い順に焼香を行い、
最期のお別れをします。

僧侶が同行されている場合は
その前に、読経をしてもらいます。

ここが本当に最期のお別れという事になります。

町屋斎場の火葬時間は60分程度
ですが火葬場によって異なってきます。

会葬者には待ち時間に、
休憩室で飲み物とおつまみを供す場合と、
お弁当を振る舞う場合があります。

またこの機会を利用して
「精進落とし」をする場合もあります。

「精進落とし」とは、
もともとは故人への供養として、
酒や生ものを口にしないという
ご遺族のお勤めの事で、

忌明け(亡くなられてから49日間)まで
行いました。

そして、精進を終える日に
「精進落とし」
(「精進あげ」「忌中払い」など)の
会食を催しました。

でも最近では「葬儀式後の会食」や
「初七日法要の会食」を
「精進落とし」の席としているようです。

なんとなく形だけが残ったような気もしますが、
出来れば本来の意味を感じて
「精進落とし」をしてもらいたいと思います。

荼毘に付された後には、
「骨あげ(「拾骨」)」を行います。

これで火葬場での儀式は終わりですが、
故人のご供養としては
まだまだやることはあります。

でも、ひと段落というのは確かな事だと思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。