斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

町屋斎場告別式の後に~葬儀での消え行く儀式

■2020/11/02 町屋斎場告別式の後に~葬儀での消え行く儀式

昔からの事が簡略化されたり、
なくなっていくことには
それなりの理由があるのでしょうが、

できる事なら残っていってもらいたい
儀式なども時代の流れや、

やむを得ぬ理由から
なくなってしまうものがあるのは残念な事です。

でも、そこにあった思いや歴史などは
なくならないでもらいたいと思います。

お葬式などの多くの儀式でも、
長い歴史を経ていく上で変化していったり
なくなってしまった儀式もあります。

葬儀の歴史も古く、仏式・神式・キリスト教式など
そのルーツも多種多様であると思います。

そんないろいろな歴史の中でお葬式のスタイルや
流れなどがが変わっていくことは当然と言えるかもしれません。

そんな中には喪主を始めご遺族の方たちからの
要望のようなものから変化して行ったものもあるかもしれません。

実務的なことからなくなっていった儀式もあるでしょう。

さて、告別式の後の出棺前の儀式の中には
「石打ち(釘打ち)」と言うものがあります。

これは、お別れの儀式の一環としての「別れの花」を
お棺に捧げた後に、お棺のふたを親族が手を添えて閉めて、
ふたに釘を打つ儀式の事です。

「石打ち(釘打ち)」は、
まず葬祭業者がかなづちで半分打ち、
その後にご遺族が血縁の順に小石で軽く二回ずつ打ち、

最後に葬儀担当者がかなづちで封じるのが一般的なようです。

もともとは石だけで打っていたようですが。

町屋斎場など東京の葬儀でのでは、
この「石打ち(釘打ち)」の儀式はなくなって、
お棺にふたをしてそのまま出棺となる事が多いようです。

「石打ち(釘打ち)」の儀式の本来の意味的なことは、
私は勉強不足でわからないのですが、

昔は火葬のときにお棺を立てていたために
ふたが外れないようにと言ったような、

実務的な事からというようなこともあったようです。

でも、この儀式がある種のけじめのようなものとなっていた事は
確かだったようにも思います。

今では火葬における実務的な問題はなくなったと思います。

そして火葬場での金属の問題や
いろんな事があるのかとは思いますが、
なくなっていく方向にあるのは確かです。

私個人としては形だけでも残ってもらいたい儀式ではあります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。