斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

「無宗教葬」町屋斎場の葬儀・告別式

■2020/10/31 「無宗教葬」町屋斎場の葬儀・告別式
「無宗教葬」というお葬式のスタイルを
最近見かけるようになって来ています。

宗教色を一切排して行われますので、
僧侶や神職といった人たちはいないことになります。

当然ですが、お経や焼香もありません。

無宗教などというと宗教を
信じていないととられそうですが、
日本人は一般的には、熱心ではないとしても、
神仏を信じていないわけではないと思います。

ですから、「無宗教葬」といっても、
特定の宗教宗派にとらわれない
という意味での葬儀だと思います。

一般的に行われるお葬式のように、
葬儀・告別式に当たるものは形は違っても存在します。

喪主もいれば、会葬者もいるのですから、
進行や流れの違いはあっても送る心は
変わりのないものだと思います。

もちろん納棺、火葬といった手順も
その後にかならずあるわけですから、
「故人が成仏できない」などと
考える事はまったく在りません。

では、町屋斎場でも時折みられる
「無宗教葬」とはどんなものなのでしょうか。

斎場だからといって、特に
決まったスタイルはありません。

もともと、仏式や神式といったスタイルから
はなれた自由な形を求めて始まったものなのですから、

作法や儀式的なものや
マナーと言った葬儀に不可欠なものはないのです。

どんな事でも自由に決められますが、
(もちろん常識的な範囲というものはあると思います)

一般的には音楽を用いた
音楽葬といったものが多いようです。

お別れの言葉や、生前の写真を
ビデオアルバムにして流したり、
フォトコーナーを作ったりと形式にこだわらず、
故人を偲ぶことに重きが置かれています。

参列者は献花という形で
お別れをする事が多いようですが、
これも決まった事ではありません。


お焼香をしてもいいのです。

実際お焼香をすることもあるようです。

まだまだ「無宗教葬」は少数派ではありますが、
だんだんと増えてきています。

社会的な認知度も高まっているようです。

もちろん問題点もあるようですが、
葬儀に対する認識の変化とともに
「無宗教葬」に出合う機会も増えてくると思います。

個人葬での「無宗教葬」とは意味合いが変わりますが、
社会的な意味合いを持つ社葬や団体葬といったものは
形式的に無宗教で行われることが多くなっています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。