斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

忌野清志郎さんの「音楽葬」無宗教葬での葬儀

■2020/10/29 忌野清志郎さんの「音楽葬」無宗教葬での葬儀

 

「音楽葬」というと、有名人などの
ミュージシャンがやるものとして知られていますよね。

最近では忌野清志郎さんの葬儀が
「音楽葬」として営まれました。

「音楽葬」は、主に無宗教葬のメイン儀式として、
焼香や献花の間に故人が生前好んでいた曲を
生演奏などで捧げる葬儀として定着しています。

でも、決して著名な音楽家だけのセレモニーではないのです。

故人が音楽を愛していたり、
音楽とともに生きてきていた人たちの間では
「音楽葬」が行われることがあります。

演奏をプロの演奏家に依頼する場合もありますが、

故人やご家族の友人、知人に
プロ、アマを問わず演奏してくださる方がいれば、
そのほうが故人の事情もわかり、
素敵な「音楽葬」になると思います。

「音楽葬」というと何だか、大きな葬儀・
セレモニー的な感じをされるかもしれませんが、
そのスタイルは、さまざまです。

弦楽四重奏のような弦楽器でのクラシックから
ジャズやポップスといろんなジャンルの音楽で
お送りすることもあります。

さらには、自宅でしんみりと
アコースティクギターだけで送るといった物まで
その形は決まったものではないですね。

でも、故人の人となりが良くわかる
お葬式になると思います。

もちろん「音楽葬」には問題点も在ります。
一番の問題は会場の設定です。

多くの斎場は、二つ以上のホールがつながっていますので、
大きな音をだしてはいけないようになっています。
それに生演奏ができる斎場は限られてきます。

葬儀・告別式での僧侶の読経程度の
音量位のものであれば問題はありません。

ギターの弾き語りや弦楽器などなら
まったく大丈夫だと思います。

それでも、十分な演奏は可能ですよね。

三味線などの日本古来の楽器を
つかってもいいかもしれません。

音量などに問題のある場合には、
それなりの会場や準備が必要となってきます。

出来れば、そんな制約に縛られずに、
思いを伝えられる方法での「音楽葬」が出来るといいと思います。

もし、大音量のロックや
オーケストラのようなもので送りたいのであれば、
別の機会を設けるという方法がいいと思います。

でも、やってみたいことがあれば、
一度ご相談をおすすめします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。