斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

最近注目されている町屋斎場葬儀スタイル「家族葬」

■2020/10/28 最近注目されている町屋斎場葬儀スタイル「家族葬」

 

新しいスタイルが生まれるには
それなりのわけがあると思います。

「家族葬」も新しいといっても、
こう呼ばれるようになってから20年ほどたちます。

でも、長いお葬式の歴史の中では
新参者的スタイルかもしれませんね。

少人数で営まれるご葬儀の「家族葬」は、
本当に家族だけ数名で行う場合と

親戚やごく親しい友人数名
(家族のような付き合いということなのでしょう)が
加わる場合とがあります。

この「家族葬」注意しなくてはいけない事があります。

特に葬儀会場を自宅で行われた場合などは、
ご近所などにわかってしまうこともあるでしょう。

そんなときでも、身内だけで葬儀を執り行う
「家族葬」であることをしっかりと説明し、
理解してもらわなくてはいけません。

他にも、訃報を聞きつけて、
駆けつけてくれる方もいるかもしれませんが、

せっかく来ていただいた方の気持ちを
ないがしろにしないように
しっかりと対応しなくてはいけないでしょう。

後で、お便りなどを送る事を
忘れないようにしてください。

スタイルが違うといっても、
実際は、会葬者がいないというだけで、
その流れはほとんど変わりはありません。

進行や形式は通常のお葬式(一般葬)と
ほとんど変わらないのです。

ただ、葬儀の準備や会葬者に追われることなく、
最後の別れをゆっくりと行えます。

特に町屋斎場のようなご安置からご火葬まで
一貫してできる斎場では、ご負担も少なく。

家族で故人の最後を思う存分語り合い
偲ぶことができるというのが特徴で、
この「町屋斎場・家族葬」のいいところなのです。

でも、人は生きていた分だけ、誰かとかかわり、
いろんな人間関係や社会とのつながりを築いてきます。

その中にも最後のお別れをしたいと思われる方は
たくさんいることでしょう。

ですから「家族葬」を
葬儀のスタイルとして選択する場合は、

そんな人たちがいるということを、
忘れないようにしなくてはいけませんね。

後で、落ち着いてから
「お別れ会」的なものを開く人もいるようですよ。

費用においても
「家族葬だから少なくて済む」と考えがちですが、

お香典などがないため、
一概に少ないとは言い切れませんから
一度ご相談いただけると良いでしょう。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。