斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

「社葬」より大変な葬儀「合同葬」なら桐ヶ谷斎場で

■2020/10/27 「社葬」より大変な葬儀「合同葬」なら桐ヶ谷斎場で



人との係わり合いというのは、
自分の知らないところでも
広がっているんだなって感じる事があります。

私なんかでも生きていると、
たくさんの人と係わりを持つことになります。

そして、大勢の人が係わると
いいことはもちろんありますが、
何かと大変な事も増えてきます。

お葬式においても、
個人葬としての一般葬とは違って、
社会的な意味のある社葬などは普通の葬儀よりも、
気を使わなくてはいけない問題などもあるようです。

そして、その広がりが大きくなっていくと、
さらにいろいろな問題も増えてくることでしょう。

社葬において、企業が遺族と合同で葬儀を主催し、
個人葬と本葬を一緒に行うのが「合同葬」です。

また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も
「合同葬」と呼ばれます。

「合同葬」は、ご遺体を火葬するまでの
一般葬で営まれる全ての流れが含まれているのが特徴です。

社葬の一環ではあるので、
普通は、喪家の宗教・宗派で行われますが、
基本的には遺族との話し合いによって決められます。

葬儀費用についても、企業と遺族双方の話し合いによって
決定されることは変わりありません。

たとえば、寺院へのお布施の費用に関しては遺族が持ち、
斎場の費用や葬儀費用については企業が持つといったように、
それぞれのケースによって決められる事があります。

社葬規程で定めてある場合は
企業が費用の全額を負担することもあります。

この場合でも、火葬料と戒名・法名へのお布施は
ほとんどの場合遺族が負担する事が多いようです。

故人が数社と関係していた場合で
2社以上が主催して行う「合同葬」では、

それぞれの企業での役職、企業の規模などによって、
その分担が違ってきます。

そのあたりの調整も、微妙な問題となったりします。

一般的に「合同葬」は、葬儀までの時間が限られています。

その限られた時間の中で、
多くの準備をこなさなくてはいけないという事は、
自然と慌しくなってしまいます。

規模が大きくなり、係わる人が増えると
それだけ大変な事も増えてきますからね。

葬儀の会葬者などでも、取引先などの会社関係者と
個人的に親交のあった方々が同時にお見えになります。

その対応などでも、葬儀の運営には
細心の注意が必要となってきます。

もちろん「合同葬」のメリットは、大きいと思います。

通常の社葬に比べて、
社葬費用を抑えることができます。

桐ヶ谷斎場葬儀式で執り行った場合には
さらに費用を抑えて明朗な価格で理想的な合同葬ができます。

そのため、これまで社葬を行わなかった中小企業が
「合同葬」としての社葬を執り行うというケースが
増えてきているようです。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
桐ケ谷斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/6.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。