斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

四ツ木斎場「お通夜」と「葬儀・告別式」の違い。

■2020/10/23 四ツ木斎場「お通夜」と「葬儀・告別式」の違い。


「お通夜」と「葬儀・告別式」との違いはなんでしょう。
儀式的にはそんなに変わりはないように思えます。

「お通夜」が遺族中心なのに対して
「葬儀・告別式」はもっと多くの友人知人といった
違いだけにも見えます。

確かに、今ではその違いはないかもしれません。
時間的に都合がつくほうに弔問できるような形になっています。

「お通夜」と「葬儀・告別式」
本来の意味も知っておくことも必要だと思います。

そのことについて少しお話します。

「お通夜」は故人との静寂な対話の場といわれています。

遺族を中心に親類・知人・友人・近隣の人々が集い、
故人の生涯に思いを寄せながら、冥福を祈り、
追憶にふける一夜の集いが「お通夜」なのです。

もともとは、遺体を守るという意味があって、
夜になって野獣などの襲ってこないように
付き添い夜を明かしたといわれています。

最近では半通夜といって、
午後七時から十時頃までに営まれるのが多いようです。

また、弔問者は服装も礼服や喪服の必要はなく
派手な服でなければよいとされていますが、
最近では葬儀・告別式に出られない人が来る事が多くなり、
服装もその違いはなくなってきています。

「葬儀・告別式」は、もともとは、
別の儀式で個別に行われていました。

でも、最近では続けて行われたり、
区別がなくなったりしていることも多いようです。

本来「葬儀」は故人の成仏を祈るために
遺族や近親者が営む儀式です。

「告別式」は故人と親交のあった人たちが
最期の別れを告げる儀式です。

告別式の後には出棺し火葬するという流れがあります。

東京の四ツ木斎場のような火葬場併設の斎場では、
ご遺族は、移動が敷地内の火葬場なので
告別式の延長のような感覚になるでしょう。

お見送りする側としては、節目ごとの式を大切に
変わらない気持ちでお送りすればいいと思います。


「お通夜」「葬儀」「告別式」とそれぞれ
本来の意味合いがあり、それぞれ必要な儀式でした。

最近ではどんどんとその境がなくなってきていますが、
本来の意味合いまでは、
忘れないようにしていかないといけない思います。

とはいえ、儀式も変化して行くものです。

かつては意味のなかったものに意味がついたり、
その逆もあるでしょう。

でも、決してその積み重ねられてきたものは
消してはいけないと思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

四ツ木斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。