斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

斎場情報

町屋斎場「お通夜」の準備、喪主の心得

■2020/10/22 町屋斎場「お通夜」の準備、喪主の心得

「お葬式」というセレモニーにおいては、
葬儀・告別式だけではなく、それに付随する総てを含めて、
「お葬式」と考えるのが一般的なことだとも思います。

でも、中心となるのはやはり
葬儀・告別式ということでしょうね。

もちろんそれぞれの儀式など
総てにおいて大切なものですが、
故人との最後のお別れをする儀式としては
葬儀・告別式は大切な儀式です。

でも、その前に、おもに遺族や親族で行う
「お通夜」という儀式があります。

「お通夜」については知っていると思っていても、

準備に入ると知らなかったことが
たくさんあると思いますので、
そんな事をお話したいと思います。

ご遺体を安置し
枕経などの儀式の後に納棺して
会場に移し、お通夜となります。

当然の事ですが、お通夜をするときには、
喪主が決まっていなくてはいけないのです。

奥様やご主人、長男など故人と
最も縁が深い方が喪主になる事が多いようです。

「お通夜」の前にやっておかなくてはならない事も
たくさんあります。

当然その時点では葬儀社も決まっているので、
その後の詳細な打ち合わせも必要になります。

親戚や友人、会社など関係先や
町内会などにも連絡しなくてはいけません。

新聞の訃報記事なども必要なら対応しなくてはいけないでしょう。

遺影の写真を用意したり、喪服や数珠などの用意も必要です。

僧侶の方などの送迎などについても確認が必要となります。

その他にも、受付や参列者の接待などをどうするか・・・、

細かい事ですが、やることはたくさんあります。

困ったら迷わず葬儀社に(困らなくても)、
相談したほうがいいと思います。

的確なアドバイスをしてくれるはずです。
準備を整えたら「お通夜」という事になります。

もちろん宗教によって違ってきますが、
同様の儀式は執り行われます。

仏式の場合の「お通夜」ですが、
神式では「通夜祭」と、それに続いてとり行われる
「遷霊祭」という神事がそれにあたります。

ちなみに、町屋斎場では、仏教だけでなく
キリスト教のお葬式も執り行うことが出来ます。

キリスト教式では、プロテスタントでは
「前夜祭」と呼ばれる通夜の儀式を行いますが、
カトリックでは正式には在りません。

でも、日本では習慣となっている
「お通夜」に当たる儀式を行うことも増えているようです。
いずれも参列者が一同に揃って行われます。


本当にやらなくてはいけないことが多く、
遺族はただ悲しんだりしてはいられません。

でもそのことがかえって
突然大切な人を亡くした遺族にとっては
いいことではないのかと感じています。

宗教的意味だけではなく、
これらの儀式は、残された人たちへの
配慮もあるのではないかと、
そんな風に感じます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
町屋斎場火葬式
https://tokyosougishiki.com/saijou/1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京葬儀式社
株式会社ファイナルプロデュース
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。