斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

お葬式での服装について~喪主・ご遺族~

■2020/10/01 お葬式での服装について~喪主・ご遺族~

喪主の服装は、基本的には正式な喪服を用意します。

亡くなった直後は、正式な喪服の必要はありませんが、なるべく地味な黒・紺・グレー等の色を選びます。

お通夜での服装は、最近は喪主も正式喪服ではなく、略式となっています。

男性は黒のスーツに白のワイシャツ、黒のネクタイと黒の靴下です。

和装なら黒っぽい無地の小紋の着物に、一つ紋か三つ紋の羽織、袴をつけます。

女性の場合は、黒無地のワンピース又はツーピース。
和装なら、黒無地か地味な無地のものにします。

喪主の正装は、男性は五つ紋の紋付袴、女性は五つ紋喪服名古屋帯ですが、現代では準喪服・略式喪服が一般的なようです。

洋装での男性の正式喪服は、モーニングと黒ネクタイです。

ベストは上着と共地のシングル、ズボンは縞柄で、裾はシングルです。

モーニングはあくまでも昼間の礼装ですから、お通夜では黒のスーツを着ます。

女性の洋装は、黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルが正式喪服となります。

ボタン、バックルは、共布か光沢のない共色にします。
ストッキングは黒。

靴は飾りのない黒のパンプスが正式です。

アクセサリーは結婚指輪以外はつけません。

男性の和装は少なくなっていますが、女性の場合和装の方はかなり多いようです。

女性の正式な和装は、黒羽二重の染め抜き五つ紋付。

帯、帯締め、帯揚げ、草履、バックは黒です。

足袋と、半襟は白です。


夏の喪服は、あわせと同じ五つ紋付きの黒無地で、六月と九月がひとえ、七、八月は絽が正式とされていますが、

最近では六月から九月まで絽で通すことが多いようです。

ご遺族の服装に関しては、基本的には喪主と同じですが、格上にならないような配慮が必要です。


お通夜は略式、葬儀・告別式は正式な喪服としている場合やお通夜から通して正式な喪服としていたり、

略式としていたりと、最近ではさまざまではありますが、最低限の決まりごとは注意深く尊重するようにしてください。


わからない場合は、詳しい人に相談する等してください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。