斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

通夜ぶるまいについて

■2020/09/30 通夜ぶるまいについて

お通夜が終わったあとには、お酒や食事などでもてなす「通夜ぶるまい」があります。


自宅でのお通夜の場合は、普通は喪家の台所で食事の用意をする場合が多いのですが、

地方によっては「忌み火」といって、喪家での煮炊きを忌む風習があります。


そんな場合は、隣近所の台所を借りて酒や食事の用意をするようです。


住宅事情などで自宅でのお通夜、葬儀・告別式といったものが減ってきていますので、

そういった風習の有無にかかわらず自宅で食事の用意をするという事もないかもしれません。


地方での風習の真意はわかりませんが、その風習によって近隣の人たちの力をかりながら、

お葬式を執り行ってきた歴史と言うものはその地方では存在しているのだと思います。


それはとても意味あることのように私には思えます。

たとえ、そのような風習がなくても、そういった部分は大切に受け継がれるべきだと思います。


さて、「通夜ぶるまい」ですが、『お供養』の意味のあるものですから、

すすめられた場合はひとくちでも箸をつけるというのがならわしであり、礼儀です。


すすめられた場合は断らずにせきに付くようにしてください。


また、飲み物についても同じで、お酒は「死の穢れを清める」という意味もあるので、ひとくちでも口にしてもらうようにしてください。

そして、すすめられた場合は、ひとくちでも口にしてください。

もちろん、運転やお酒の飲めない人にはすすめる必要も、すすめられても飲む必要はありません。

そんな人のためには、カップ酒を渡すと良いようです。

もちろん飲み物は日本酒以外も用意されています。


「通夜ぶるまい」にはいる前には、喪主あるいはそれに代わる人(世話役代表の場合が多い)の弔問者への感謝の気持ち、

そして「ささやかな食事ですが、故人をしのんで召し上がっていただきたい」などといった挨拶があります。


だいたい九時か十時には帰っていただくようにして、ごく内輪のものだけが残り、

明かりやお香を絶やさないようにしてご遺体をお守りします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。