斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

葬儀参列者の心得 ⑤お悔やみの言葉

■2020/09/22 葬儀参列者の心得 ⑤お悔やみの言葉

お通夜や葬儀・告別式など弔問に訪れれば、お悔やみの挨拶をする事になります。

お悔やみの挨拶は、平凡でありきたりだと思われるくらいのものの方がよいとされています。

余計なことを言ってしまうと、かえって差し障りができてしまうことも考えられますので、短くすませた方が良いでしょう。

死因や病状などをくどくど聞くのは失礼です。


事故でなくなられた場合にその様子などを聞くのも避けたほうが良いですね。

相手の事情や状況を把握して、思いやりのある挨拶を心がけてください。

お悔やみの挨拶の際には、ふさわしくないとされている言葉があります。

気にされない方もいらっしゃいますが、避けておいたほうが良いでしょう。

これはお悔やみの挨拶だけではなく、葬儀全般において避けたほうが良い言葉ですので、覚えておくほうが良いと思います。

では、その『禁句』と呼ばれている『忌み言葉』のいくつかをあげておきます。

「重ね言葉」と呼ばれるものの例としては、重ね重ね・たびたび・またまた・重々・いよいよ・再三・再四・ますます・返す返すも・次々などです。

また、宗教によっても個別に『忌み言葉』があります。
仏式葬儀では、浮かばれない・迷うなどです。
神式・キリスト教式葬儀では、成仏してください・供養・冥福・往生などです

またこれらの言葉は仏式葬儀では良く使われている言葉もあるので注意が必要な言葉です。

(仏式でも浄土真宗では「冥福」「霊前」などの言葉は使わないそうです。)

では、そんな『忌み言葉』をふまえた、お悔やみの言葉の例をいくつか紹介します。

『この度は思いがけないお知らせをいただきました。ご家族の皆様はさぞかしご無念のことでございましょう。

お察し申し上げます。私にできますことがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。』

『この度は誠にご愁傷さまでございます。突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます。』

『突然のことでお慰めの言葉もございません。心よりご回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません。』

『この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げご冥福をお祈りいたします。』

なお、キリスト教では、人の死は神へ召されることと考えるため、『安らかなお眠りをお祈り申し上げます』という言い方が一般的なようです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。