斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

葬儀におけるお焼香の流れと三つのスタイル

■2020/09/14 葬儀におけるお焼香の流れと三つのスタイル

「お焼香」には三つのスタイルがあるというのをご存知ですか?

思い起こしてみると、立っていたり、座っていたり・・・そんな経験はありませんでしたか?

葬儀の作法の中には、宗派や地域で違ったり、その時の状況において違ってくる場合があります。

仏式の葬儀での「お焼香」にも、いくつかのスタイルがあります。

ここではおもに会場となる場所や弔問の方の人数などによるスタイルの違いをお話します。


お焼香には、立って行う「立礼焼香」と、座って行う「座礼焼香」、そして、座って香炉を手元に置き、

焼香してから隣の人へ回す「廻し焼香」という三つがあるのです。

 
立礼焼香」とは、椅子席の式場の場合に多く用いられるスタイルです。


喪主や親族の焼香が終わった後に、

参列者が順番に焼香します。順番が来たら、隣の方へ軽く会釈をしてから焼香台へ向かいます。


手荷物がある場合は持っていってください。

まず焼香台の2・3歩手前で止まり、遺族に一礼、僧侶に一礼します。

そして、身を正して遺影(またはご本尊)に合掌・一礼します。

そのあと焼香台へ進み、焼香し、合掌、最後にもう一度遺族に一礼します。
 
立礼焼香」とは、次に「座礼焼香」です。自宅や畳敷きの式場の場合に多く用いられるスタイルです。


座礼焼香の場合も、基本的な流れや作法は立礼焼香と同じなのですが、

焼香するときに近い距離なら立ち上がらずに腰を落とし焼香台まで移動します。


このときの移動の作法を、「膝行・膝退(しっこう、しったい)」と言います。膝行・膝退とは、腕の力で身体を少し持ち上げ、ひざをついたまま少しづつ移動する方法です。

焼香は正座して行います。

焼香を終えたら今度は両脇に腕をつきながら、ひざで後退するようにして、自席にもどります。
 
立礼焼香」とは、そして「廻し焼香」。式場が狭い場合や参列者が多い場合などに、座ったまま焼香炉を隣の人に順番に渡しながら行う焼香のスタイルです。


隣の方からお盆に乗った焼香炉〔右側が抹香(粉末状のお香)、左側が香炉(火がついた小さな炭や灰などが入っているもの)〕が回ってきますので、

軽く会釈をして受け取り、自分の前に置いて立礼と同じ流れで焼香し、終わったら隣の方へ回します。


椅子席の場合は、自分の膝の上にのせて焼香します。
 
スタイルは違ったとしても、お焼香の意味合いや、する人の心は変わりはありません。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。