斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

ご遺族の執り行なう儀式④『枕経』『仏名』そして『納棺』

■2020/08/27 ご遺族の執り行なう儀式④『枕経』『仏名』そして『納棺』

『枕飾り』がととのったら僧侶にお願いして、ご遺体の枕元でお経を上げていただきます。これが『枕経』です。


『枕経』・・・死者がはじめて成仏できるといわれている大切なお経です。

『枕経』の間、遺族は僧侶の後ろに控えて故人の冥福を祈ります。

そのときの服装は普段着でも構いませんが、できるだけ地味なものが良いと思います。


『枕経』が終われば、お通夜の打ち合わせとなるのですが、

僧侶へのその日のお車代はこのときに差し上げてください。

たとえ送迎の車を用意していても、お車代は別に渡します。

また、『枕経』の謝礼は、お通夜や葬儀のものと一緒に葬儀がが終わってから包みます。

『納棺』までの間に『仏名』をつけてもらいます。


『仏名』・・・白木の位牌に書いてもらう名前です。

「戒名」・「法名」・「法号」のことで、宗派によって呼び名が違います。

天台宗・真言宗・浄土宗・禅宗などでは、「戒名」と言います。

浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」です。

『枕経』によって仏の弟子となったしるしとして、僧侶に就けてもらうのが一般的です。

『仏名』の中でもっとも一般的にその呼び名が知れ渡っているのは「戒名」です。

「戒名」の基本は2文字で表現されます。


でも、「戒名」の前後に院号・道号・位号等の号を付すことから、

その全てを「戒名」として捉える事が通例化しています。
長い戒名があるのはそのためです。

『枕経』が終わり『仏名』がついたところで、ご遺体を棺に納めます。


『納棺』・・・ご遺族や親族など身内の手で静かに棺へと納めます。

ご遺体の周りには生花を飾り、故人の愛用品や好物などを添えます。

ただし、金属などの燃えないものは入れられませんので注意してください。

また水分の多い果物なども避けたほうが良いです。


いろいろと思いはおありになると思いますが、

遺骨をいためる恐れがあるので、できるだけ最小限にとどめる事をお勧めします。

納棺ではまだ、蓋に釘は打ち付けません。


棺の上には金襴などのおおいをかけて、

北か西の方角に頭を向けてお通夜の部屋の祭壇に安置します。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。