斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

ご遺族の執り行なう儀式③『ご遺体の安置』『枕飾り

■2020/08/26 ご遺族の執り行なう儀式③『ご遺体の安置』『枕飾り

『死に化粧』『死に装束』と整ったら納棺までの間、ご遺体は仏間か座敷に安置します。

では、ご遺体の安置の仕方などについてお話します。

『ご遺体の安置』・・・頭を北にして足が南を向くように寝かせます。

これを『北枕』と言いますが、

間取りの都合で『北枕』にできない場合は『西枕』にしても差し支えはないようです。

また、仏壇がある場合は、仏壇に頭を向けて寝かせても良いようです。

寝具はできるだけかさばらないようにして、敷布団は一枚、掛け布団も一枚薄めのものをかけます。

ご遺体を必要以上に暖めないためです。

『逆さごと』の風習として、掛け布団を天地逆に向けてかけるというのが慣わしになっています。

カバーやシーツは新しいものか洗濯した清潔なものを使います。

枕は低めにします。

顔は白い布で覆い、両手は胸元で合掌させて、数珠を手首にかけます。

いろいろなならわしや風習がありますが、魔除けとして、

ハサミ・ナイフ・カマなどの刃物を布団の上に乗せたり枕元に置いたりする事もあります。

その場合、刃先は決っして顔には向けないようにします。

この魔除けの刀は『守り刀』と呼ばれ、文字通り魔物からご遺体を守る役目を果たしているようです。


「刀によって魔を斬る」といった意味や

「魔物の使いとされていた猫が光り物を嫌がる」ということから刀を置くことが魔除けとされたようです。

宗旨や宗派によっては違っている事もあります。

つづいて安置したご遺体の周りの事です。


『枕飾り』・・・ご遺体のそばに白木の台か、

白い布をかけた小机を置き、その上に品々を飾ります。

これを『枕飾り』と言います。

宗旨や宗派によって多少の違いがありますが、

遠慮なく葬儀社のものに宗派名などを告げてととのえてもらうと良いと思います。


最も一般的な仏式の『枕飾り』は、

一本線香

一本ろうそく

一本しきみ(あるいは白菊)

鉦(かね)・水(コップか湯飲み茶碗に一杯)

枕だんご(上新粉で作っただんごを三方にのせて飾る)

枕飯(一膳飯を故人が使っていた茶碗に山盛りにして、
箸を一膳、まっすぐにそろえて立てます)

これらの品々をご遺体のそばに飾ります。


「逆さ屏風」といって屏風を逆さまに立てるという場合もあります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。